ジュラシックワールドでオーウェンがガソリンを被った理由は?インドミナスレックスの習性まとめ!

ジュラシックワールド オーウェン ガソリン 被った理由 インドミナスレックス 習性 特徴 オイル

ジュラシック・ワールドに登場した新種の恐竜『インドミナス・レックス』は、ウー博士が様々な種の遺伝子を掛け合わせて創り出しました。

本作ではそのインドミナス・レックスが、飼育されていたゾーンから逃げ出したことで大事件へと発展していきます。

そこで今回は、

  • インドミナス・レックスが脱走した時にオーウェンがガソリンを被った理由は?
  • インドミナス・レックスの習性や特徴は?

について解説していこうと思います。

『ジュラシック・ワールド』のネタバレを含む場合があるので、お気をつけください!

過去作見るならU-NEXTがお得!

【U-NEXT ユーネクスト】※商品リンクあり

U-NEXTなら31日間無料体験できて、見放題作品が豊富だから過去の作品もお得におさらいできます!

>使わないと損!U-NEXT無料期間のポイントで映画を無料で見る方法

最新公開映画を映画館でお得に観るならauスマパスプレミアム!

auスマートパスプレミアムなら、500円で映画館で映画を観ることができたり、auマンデイやauシネマ割など、映画館で映画を観たい人にはお得なサービスが満載!

>全部知ってる?映画館で映画を格安で見る方法まとめ

この記事の監修者
つくつく

映画鑑賞は年間100本以上映画ブログ運営4年

中学生の頃に『スターウォーズ』に感動して以降、
映画の沼にハマり続けて20年。
結婚・出産後も年間100本は必ず鑑賞中。
Filmarksアカウントにも鑑賞レビューを掲載中。

目次

インドミナス・レックスが脱走した時に
オーウェンがガソリンを被った理由は?

ジュラシック・ワールドでは、映画冒頭から『新種の恐竜』について興味を掻き立てられます。

『より大きく、より狂暴に』をコンセプトに創り出されたインドミナス・レックスは、人間を欺いて檻から脱走するほどの高い知能を持っていたのです。

オーウェンは自分の匂いを消そうとした

インドミナス・レックスが檻から脱走し、オーウェンは車の下に逃げ込んだ際にガソリンを被りました。

なぜガソリンを被ったのかというと、

人間の匂いを消すためだったのです。

オーウェンは警備員が襲われるのを目撃していますが、インドミナス・レックスが車を破壊して警備員が丸見えになっても人間の匂いを嗅いでいたところに注目しました。

そのため、

オーウェンは『車の下に逃げても匂いでバレる』と判断し、
ガソリンホースを切って自分の体にかけまくったのです。

もしガソリンをかけなかったらオーウェンも警備員と同じように襲われていたかもしれません。

動物たちの嗅覚は、人間の嗅覚よりも何十倍、何百倍と優れているので隠れていただけではすぐ見つかってしまうということ。

普通に生きていれば動物に襲われることはあまりありませんが、何かの役に立つ知識かもしれないので記憶の隅にとどめておくのもいいかもしれません(^^;

赤外線感知能力は作動しなかった?

インドミナス・レックスにはマムシの赤外線感知能力が備わっているのですが、
ガソリンを被ったことで阻止できたのかが気になりました。

調べてみるとマムシの赤外線感知は鼻孔と目の間にあるピット官に備わっているそうです。

インドミナス・レックスも同じような場所に赤外線センサーが備わっているのかもしれません。
しかしオーウェンがガソリンを被ったことで体温を下げたため、赤外線感知しなかったのではないでしょうか。

てなわけで、オーウェンは無事に危機を回避しています!

インドミナス・レックスの習性や特徴は?

非常に恐ろしい風貌のインドミナス・レックスですが、どんな習性や特徴を持っているのか気になりますよね。

まず、

インドミナス・レックスはTレックスのゲノムをベースに創られました。

恐竜の王者という認識のTレックスがベースになっているので、パワーはどの恐竜にも劣らないのではないでしょうか!

そのほか、イカやアマガエル、ラプトルなど、インドミナスレックスはいろんな遺伝子から作られています。

狂暴で残忍な習性を持つ

映画の中で容赦ない殺戮を行っていたインドミナス・レックスですが、

とても狂暴で空腹でないにも関わらず、
他の恐竜や人間を殺すという習性があります。

これは高い知能からくる習性で、殺戮を好むというのは人間でいうシリアルキラーに思えますね。

ちなみに高い知性はヴェロキラプトルの遺伝子によるもの。そのためにインドミナス・レックスはヴェロキラプトルと意思疎通ができました。

また、映画序盤ではクレアが『2頭いたけど共食いした』と言っていました。

『同じ個体の仲間』という他の恐竜にはある感覚が、
インドミナス・レックスには皆無だということもわかりますね。

カモフラージュ能力や鋭い爪という特徴

インドミナス・レックスには、

コウイカのカモフラージュ能力、テリジノサウルスの鋭い爪、アマガエルの放熱調整機能、砲弾を跳ね返す分厚い皮膚

という最強な特徴を兼ね備えています。まるで兵器のようだと思いました。

まさに『ハイブリット属』ですが、意外にも調べてみるとインドミナス・レックスにも苦手なことがあるようです。

それは何かというと、

嵐の時の荒れた強風です!

嵐の強風に晒されたインドミナス・レックスは、すぐにストレスフルな状態となり、脱走を試みるのだそう。

そのため、インドミナス・レックスの住処は分厚く、最も強度の高いコンクリートで覆われていました。

単にパワーが強いからかと思いましたが、実は強風に晒されないためでもあったのが驚きです。

しかし、どんな弱点があろうとあの歯で噛みつかれたら絶対に生き残れませんし、絶望しかありません。

傲慢な人間が創り出した最強で最悪な生物が、インドミナス・レックスだと言えますね。

\『ジュラシック・パーク/ワールド』シリーズ/
\関連記事/

【シリーズ全体の関連記事】
▶【解説】見る順番は時系列!『ジュラシックパーク・ワールド』一覧
▶スケール壮大!ジュラシックワールドとパークの違いと繋がり解説!

【ジュラシック・パーク3部作】
▶何があった⁉アランとエリーが別れた理由が衝撃!元夫は誰?
ジュラシック・パーク
▶ネタバレ!『ジュラシックパーク』あらすじ解説
▶【画像あり】『ジュラシックパーク』キャストと子役の現在!
ロスト・ワールド
▶『ロストワールド』のサラがムカつくし嫌いな理由4つ!
▶油断大敵!小さいけど凶暴な恐竜の名前と正体!人間も襲う?
▶冒頭の女の子キャシーの現在の姿が超美人【画像あり】!
▶矛盾してる⁉Tレックスの船員がバラバラになった死因を考察!
▶現在も活躍!?子役キャスト一覧の現在の姿を紹介【画像あり】
▶ネタバレ!『ロストワールド』あらすじ解説
ジュラシック・パーク3
▶残酷!冒頭シーンの船の人は何の恐竜に食べられた?
▶ジュラシックパーク3で赤い恐竜がなぜ帰ったのか考察!
▶共感!アマンダがうざすぎる・ムカつくと言われる理由まとめ!
▶ネタバレ!『ジュラシック・パーク3』あらすじ解説!

【ジュラシック・ワールド3部作】
ジュラシック・ワールド
▶謎のセリフ「歯が足りない」の意味!Tレックスは何本?
▶しつけ用!?ラプトルにカチカチ鳴らす謎の道具の正体はコレ!どうやって使う?
▶さすが!オーウェンがガソリンを被った理由に脱帽!
▶複雑すぎ!インドミナスレックスの遺伝子は何?
▶まさか味方?Tレックスが最後に人間を襲わなかった理由を考察!
▶かわいそうすぎる…秘書ザラの結末と生きている噂!
▶モササウルス最強説!大きさや特徴まとめ
▶ネタバレ!『ジュラシックワールド』あらすじ解説
ジュラシック・ワールド/炎の王国
▶涙腺崩壊シーン!2でブルーは最後なぜオーウェンについて行かなかった?
▶下手すぎる⁉吹き替えがひどい声優まとめ
▶戦犯認定!メイジーがうざすぎる!母親の正体は?
▶︎まるで人間!インドラプトルが爪トントンする理由は?
▶ネタバレ!『炎の王国』あらすじ解説
ジュラシック・ワールド/新たなる支配者
▶ファン悶絶!『新たなる支配者』に見られる過去作オマージュまとめ!
▶新種⁉異様に爪長い恐竜と泳ぐ恐竜はいったい何?
▶ケイラがクレア達を助けた理由が最後まで謎!一体何者?
▶ウー博士の贖罪!巨大イナゴは最後どうなったのか考察!

まとめ

オーウェンがガソリンを被った理由、インドミナス・レックスの習性や特徴を詳しく解説してきました。

結論をまとめると、

  • オーウェンは人間の匂いを消すためにガソリンを被った
  • インドミナス・レックスの習性は狂暴で残忍
  • カモフラージュ機能や放熱調整機能といった変わった特徴を持っている
  • 嵐の風が苦手

ということがわかりました。

インドミナス・レックスは非常に恐ろしい恐竜ですが、創り出した人間が一番恐ろしいとも言えます。

ジュラシック・ワールドでのインドミナス・レックスの暴れっぷりをぜひご覧になってください(^^)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次