君の名は。のあらすじをネタバレ解説!最後の結末と感想がヤバい!

映画『君の名は。』のあらすじをネタバレありで徹底解説しますよ!

男女が入れ替わり予測の出来ない展開が魅力の本作は、何度観ても楽しめます。

今回は、最後の結末まで、感想も一緒にわかりやすくしっかり解説しますよ~♪

目次

映画『君の名は。』作品情報

『君の名は。』基本情報

『君の名は。』の基本情報を押さえていきましょう。

  • 作品名:君の名は。
  • 公開日:2016年8月26日
  • 上映時間:107分
  • 監督:新海誠
  • 脚本:新海誠
  • キャスト:神木隆之介、上白石萌音、
         長澤まさみ、市原悦子、ほか

『君の名は。』は、新海誠が監督・脚本を務めた2016年の日本のアニメーション映画です。主演は神木隆之介と上白石萌音。作画監督は安藤雅司、キャラクターデザインは田中将賀が務めています。

『君の名は。』のあらすじ(簡単に・ネタバレなし)

千年ぶりとなる彗星の接近を1ヵ月後に控えた日本。

山深い田舎町で鬱屈した毎日を過ごし、都会の生活に憧れを抱く女子高生の三葉。

ある日、夢の中で東京の男子高校生になった彼女は、念願の都会生活を満喫します。

一方、東京の男子高校生・瀧は、山奥の田舎町で女子高生になっている夢を見ます。

そんな奇妙な夢を繰り返し見るようになった2人は、やがて自分たちが入れ替わっていることに気がつくのでした…。

『君の名は。』のあらすじ内容を詳しくネタバレ解説!

入れ替わる三葉と瀧

地方の田舎町に住む高校3年生の宮水三葉は、古くから続く宮水神社の娘で、祖母の宮水一葉と妹四葉と3人暮らしをしています。幼い時に母の二葉を亡くし、父は家を出て行き、現在では町長を務めています。

一方で、新宿にある高校に通う立花瀧は、父親と2人暮らしで、学校とバイトに追われる生活をしています。バイト先の先輩の奥寺ミキに憧れている、普通の高校生です。

この2人が、ある日、夢の中で入れ替わってしまいます。

入れ替わった生活

最初は戸惑っていた三葉と瀧でしたが、その日あった出来事をそれぞれのスマホに日記を付けることで、お互いの生活に支障が出ないようにします。

目が覚めて入れ替わる頻度は、週に2日。2人は次第にペースをつかんでいきます。

夏休み、瀧の身体と入れ替わった三葉の努力のおかげで、瀧は憧れの先輩と初デートをします。

しかし、瀧はデートに集中できません。別れ際に奥寺先輩から「他に好きな子がいるでしょ」と指摘されてしまいます。

そのデート後、瀧は、三葉に初めて電話を掛けますが、三葉は電話に出ません。

その日以来、三葉とは音信不通になり、入れ替わることもなくなってしまうのです。

三葉の記憶を辿る瀧

三葉の様子が心配になった瀧は、入れ替わった時に見た記憶を頼りに、三葉の住む町の風景を描き、彼女を探しますが、瀧が入れ替わった先は、3年前に隕石が落ちた町だったのです。

隕石のかけらが落下によって、町民550名が死亡。その中には、三葉の名前もあります。

瀧は、徐々に薄れゆく記憶の中で、入れ替わっていたことが現実のものだったどうか確かめるため、宮水神社の奥宮に行き事実を確認しようとします。

そして、奥宮のほこらにある三葉の片割れである「噛み酒」を発見した瀧は、実在の出来事だと確信します。

「噛み酒」を呑んだ瀧は、隕石落下の当日の朝の三葉と入れ替わります。

巡り合う三葉と瀧

同級生の勅使河原克彦と名取早耶香らと共に、町民を隕石落下から免れた高校の校庭に避難させようと変電所の爆破事故と防災無線の電波ジャックを計画します。

計画に奔走する中、妹の四葉から、三葉が前日に東京に行ったことを聞きます。

そこで瀧は、3年前の夏、電車の中で「出会う前の三葉」に声を掛けられ、組紐を手渡されていた記憶を思い出します。

三葉に入れ替わった瀧は、勅使河原と早耶香らに計画を準備させ、再び滝に入れ替わった三葉に逢うため、奥宮を目指します。

黄昏時の山頂で、瀧を呼ぶ三葉の声を頼りに、2人は巡り合います。黄昏時が暮れてしまうと、別れの衝撃で再び元の身体に戻った三葉。

住民を避難させようとするが、天空に流星が美しく輝き始めると、町の人々はその景色に見とれ一向に動こうとしません。

町長である父親を説得するため、三葉は町役場に向かいます。

『君の名は。』の最後と結末

「誰か」を探している2人

やがて、数年後、瀧は大学4年生。建築関係の仕事を目指し就職活動中です。

隕石落下から8年が経ち、瀧も三葉もお互いの名前はおろか、その記憶も、すでにありません。

ただ、いつも誰かを探している、誰かを見つけ出そうとしています。

そして、神社の向かう階段で2人はすれ違うと、「誰か」をようやく発見します。

「あの、君のことを知っているような気がする」と、声をかけられた女性は、それに目に涙を浮かべ笑顔で「私も」と答えます。

そして「君の名は」と尋ね合いました。

『君の名は。』感想まとめ

映画『君の名は。』の感想をまとめました!

映像の綺麗さとか、物語の展開とか、何回もいい意味で、ぞわーっとした!
瀧くんと三葉と同じペースでいろんなことに気付かされるからしんどかった…。

作画がキレイで印象的でした!
設定がリアルで、中身がファンタジーなところも個人的にはポイント高い!

少年の「いつも何かを探している気がする」がどこか共感できて、よかった!
時空を超えた恋愛が繋がる瞬間がすごく綺麗だった。

まとめ

映画『君の名は。』のあらすじを、ネタバレあり(詳しく)とネタバレなし(簡単)で解説してきました!

最後の結末までご紹介してきましたが、男女が入れ替わり予想外の展開が繰り広げられ、想い続けた2人はやがて記憶をなくしてしまいますが最終的に巡り合う素敵な作品でしたね♪

何度も見たくなってしまう映画です!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次