るろうに剣心最終章のその後は?漫画・アニメ・OVAの最後は病気?

大人気シリーズとなった映画『るろうに剣心』は全5作で完結となりました。

漫画やアニメも、もちろん大人気でしたが、実写版の映画も大ヒットして幕を下ろしました。

しかし、作品を観た方が気になるのは「その後」ではないでしょうか?

そこで今回は、

  • るろうに剣心にその後はあるのか?
  • るろうに剣心の漫画の最終回はどうなる?
  • るろうに剣心のアニメの最終回は漫画と違う?
  • るろうに剣心のOVAは衝撃的な最後?

について考察していきたいと思います。ネタバレを含む可能性がありますのでご注意ください。

目次

るろうに剣心の最終章にその後はある?

『るろうに剣心 最終章 The Final』『るろうに剣心 最終章 The Beginning』が実写版映画の最後を飾りました。

しかし、映画を観た方は「その後はどうなったのか?」と気になった方も多いですよね。

調べた結果、実写版映画に関して、

その後が描かれる予定やその後の話の情報はなし

映画でも人誅編と追憶編を描いたので、完結という形になっています。

るろうに剣心の漫画の最終回はどうなる?

るろうに剣心の原作となる漫画ですが、連載当時読んだけど忘れてしまったという人も多いかもしれません。

漫画の最終回には2つのポイントがありました。

ポイント①剣心が逆刃刀を弥彦に託す

最終回は雪代縁との死闘から数年後。

弥彦は成長し、武士として元服できる年齢になっていました。

一方で、剣心は長年にわたり飛天御剣流を使い体を酷使していたため、以前のように動けなくなっていたのです。

そこで剣心は最後に弥彦と立ち合い、勝利するものの、

逆刃刀を弥彦に託す

想いを受け継ぐ者へ逆刃刀を託すことができ、剣心も安心できたのではないか思う最後になりました。

ポイント②剣心と薫の関係は?

剣心に想いを寄せていた薫は最後どうなったのか、気になるところですね。

なんと最終回に剣心と薫の子供が登場しました。

妻であった雪代巴を故意はなくとも自身の手で殺めてしまった剣心は、深く傷ついていました。

薫に出会い、人と関わる尊さを知った剣心ですが、雪代縁との因縁により一時は廃人になりかける状況になってしまいます。

しかし、最後は自分を取り戻し、

薫と人生を歩んでいくと決めた剣心

どこか陰のある剣心でしたが、最後は穏やかで幸せそうだったのが印象的でした。

るろうに剣心のアニメの最後は漫画と違う?

るろうに剣心のアニメは、95話が最終回の予定でしたが、実際に放送されたのは94話まででした。

アニメは京都編を放送中に、漫画を追い抜いてしまったので、オリジナルストーリーが放送されています。

そして94話は「風水編」の最後で締めくくられていましたが、不満の声が多く聞かれ、その理由は2つあります。

理由1つ目は

剣心の活躍が少ない

最終回ともなれば、主人公の緋村剣心の活躍を見たかったファンは多かったでしょう。

風水師同士の戦いになってしまい、剣心は助っ人のような扱いになってしまいました。

そして理由2つ目は

剣心が最後に使った技が、奥義 天翔龍閃ではなく土龍閃だった

からです。

この理由もファンとしては期待していたでしょう。

しかし、最後に使った技が土龍閃だったので、少し地味な印象を受けたファンが多かったのかもしれません。

そして94話は、危機が迫る東京を剣心、左之助、風水師の3人で救って終わりました。

そんな理由で、原作と違う内容だったアニメの最終回でしたが、オリジナルのストーリーなので楽しめる作品には間違いありません。

るろうに剣心のOVAは衝撃的な最後?

るろうに剣心のOVAは、漫画を原作にしてはいますが、かなりオリジナル要素も多く含まれています。

そしてOVAには、追憶編と星霜編があり、衝撃的な最後であると話題になりました。

それぞれの最後を説明していきたいと思います。

るろうに剣心OVAの追憶編について

るろうに剣心の追憶編は国内外で評価が高く、名作という声が多数聞かれます。

剣心が人斬り抜刀斎だった頃の話を描いており、雪代巴との関係や十字傷の秘密が知ることができます。

追憶編は原作から大きく変更されておらず、よりリアルさが増した内容となっています。

ただし、アニメ版のような笑えて明るい要素はないので注意が必要です。

るろうに剣心OVAの星霜編について

るろうに剣心の星霜編はかなり衝撃的ラストを迎えるので、ショックを受けたという声も多くありました。

完全なオリジナルストーリーで話は展開します。

明治26年、戦が始まった中国に行った剣心は、人々を助ける贖罪の旅をしていました。

しかし、不治の病に侵されていた剣心は、中国に渡っていた左之助に助けられ、薫の元へ帰ります。

そして剣心は薫に看取られ、息を引き取ったのです。

衝撃的なのは、

薫は剣心と同じ病気で死ぬことを選んだ

ということです。

漫画やアニメでの薫は、自ら死を選ぶようなキャラクターではなかったため、動揺したという意見が多かったかもしれません。

しかも病気が梅毒らしいという見方が広がり、さらに衝撃を与えたのです。

このように星霜編は衝撃的な内容ですが、るろうに剣心のその後のひとつとして楽しめる作品です。

まとめ

今回はるろうに剣心のその後や最後について考察してみました。

結論として、

  • 映画「るろうに剣心」は完全に完結している
  • るろうに剣心の漫画の最後は、逆刃刀を弥彦に託し、剣心と薫は幸せになった
  • るろうに剣心のアニメの最後は、剣心の活躍が少ない
  • るろうに剣心のOVAの星霜編は、薫が剣心と同じ病気にかかり、死を選ぶという衝撃

と考察できました。

それぞれの最終回に賛否両論はあると思いますが、終わり方の違いを見比べてみるのも楽しいと思います。

気になった『るろうに剣心』をチェックしてみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次