ホームアローンでケビンがシャワー後叫ぶのはなぜ?意味を考察!

大ヒットコメディ映画『ホーム・アローン』では、マコーレー・カルキン演じる主人公のケビンが、シャワー後に「あー!」と叫ぶシーンが有名ですね。しかし、

  • ケビンはなぜ叫んだのか?
  • 叫んだ意味は何だったのか?

と疑問に思った人も多いはずです。そこで、今回は、ケビンが叫んだ謎について迫りました!

目次

ケビンが顔につけているのはひげそりローション?

ケビンはシャワーの後に顔につけているのは、そもそも何なのでしょうか?調べて見ると、どうやら

アフターシェイブローションを塗って叫んでいる

ようですね。

アフターシェイブローションとは…男性の方は当然ご存じと思いますが、髭を剃った後に肌荒れを防ぎ肌にうるおいを与えるために使用されるローションのことです。

以前は、消炎効果を目的としてアルコール成分やクエン酸などが配合され、爽快感を楽しむためにメントール入りのスースーするものが多かったようです。しかし最近では、男性のスキンケア意識の高まりから、消炎効果というよりも保湿効果が重視され、乳液や保湿クリーム配合が主流になっているようです。

『ホーム・アローン』の時代を考えると、ケビンが顔に塗ったのは、父親が使っていた、メントールたっぷりの結構スースーするようなローションだったと思われます。



ケビンが叫んだのはなぜ?意味は?

ケビンはなぜ叫んだ?

なぜケビンが叫んだかと言うと、顔に塗った

アフターシェイブローションがスースーしすぎて驚いた

ということでしょう。シンプルですね。

これまで子どもでは体験したことのない体験だったでしょうから、驚いて当然です。

しかし、このシーンは違和感があります。というのも、ケビンがなぜ叫んだのか、その理由や意味が分からない人が大量発生しているからです(^^;実は、これには理由があります。

ケビンが叫んだ本当の理由

『ホーム・アローン』の撮影裏話として、クリス・コロンバス監督が

「別に彼にあんなリアクションをしてほしいと指示したわけではない」

と、インタビューで答えています。実は、

「あー!」と叫ぶのはマコーレー・カルキンのアドリブ

だったというのです。

監督によると、肌がひりひりするようなものを顔につけると、普通は反射的に手を放してしまうので、顔につけたらすぐに手を放すようにマコーレー・カルキンに伝えたようです。しかし、1テイク目で、マコーレーは自分の手を顔につけたままで見事な叫び声をあげて、製作陣はそれを見て笑いが止まらなかったとか。

結局その後手を放すバージョンも何テイクか撮ったものの、編集者が1テイク目を採用した、ということのようです。

なぜマコーレーがそのようなアドリブをしたのかわかりませんが、反射的に手を放すという演技ではないために、前後の脈絡がわからず、「なぜ叫んだの?」という疑問が湧いてくるんですよね。。。しかしすっかり、一番有名なシーンになりました。


まとめ

映画『ホーム・アローン』でケビンがシャワーの後に洗面台で叫ぶのはなぜなのか、意味を考察してきました。結論、

  • アフターシェイブローションをつけて、
    スースーするのに驚いて叫んだ
  • 顔に手を付けたまま叫ぶのは、
    マコーレー・カルキンのアドリブ

ということがわかりましたね!意味はわからなくても、可愛くて印象的なシーンではあります(*´ω`)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次