ホームアローンの泥棒役俳優の現在!ハリーとマーブの今

大ヒットコメディ映画『ホーム・アローン』に登場した泥棒の2人の現在について、調べました!

ハリーとマーブという名前ですが、それぞれ本作出演後も活躍していますよ♪

そのほか、泥棒2人は相当痛い目に遭っているはずですが、実際に俳優さんが怪我をしたのかどうかにも迫りました。

それでは早速、泥棒役の今を確認していきましょう!

目次

ホームアローン泥棒役の今・現在

ジョー・ペシ/ハリー役(背の低い方)

ニット帽をかぶり、背が低い泥棒はハリーです。彼は映画冒頭のシーンで、偽警官に扮装して、空き巣の下見をしていましたね。

そんな用意周到のハリーを演じたのは、ジョー・ペシさんです。

ジョー・ペシさんは、1943年2月9日生まれで、アメリカのニュージャージー州出身です。実は、本作『ホーム・アローン』に出演する前から、かなり有名な方です。というのも、

  • 映画『レイジング・ブル』(1980年)で
    英国アカデミー賞新人賞を受賞
  • 映画『グッドフェローズ』(1990年)で
    アカデミー助演男優賞を受賞

という、輝かしい成績があります。『レイジング・ブル』では、ロバート・デ・ニーロとマーティン・スコセッシがタッグを組んだ映画です。

さらに本作出演後も、『JFK』(1991年)、『リーサル・ウェポン3』(1992年)、『リーサル・ウェポン4』(1998年)にも出演。そしてその後再びロバート・デ・ニーロとマーティン・スコセッシと一緒に仕事をして『カジノ』(1995年)に出演しています。

そしてさらに、2010年には『ラブ・ランチ 欲望のナイトクラブ』、2019年には『アイリッシュマン』(2019年)に出演。『アイリッシュ・マン』はロバート・デ・ニーロとアル・パチーノが主演を務めた映画です。ジョー・ペシさんはかなり精力的に映画に出演していることがわかりますね!

どうしてもジョー・ペシと言えば、出演している映画のテーマから、マフィア映画の印象が強いのですが、『ホーム・アローン』では、かなりコメディカルに演じていますよね!とにかく、まだまだ長生きして活躍してほしい役者さんです。

ダニエル・スターン/マーブ役

かなりおっちょこちょいで間抜けな泥棒、マーブを演じたのは、ダニエル・スターンさんです。

ダニエル・スターンさんは1957年8月28日生まれで、アメリカのメリーランド出身です。ダニエルさんも、本作出演前からキャリアを積んできていました。

  • 『ヤング・ゼネレーション』(1979年)
  • 『ダイナー』(1982年)
  • 『ハンナとその姉妹』(1986年)
  • 『ミラグロ/奇跡の地』(1988年)

などに出演し、すでに有名だったようです。

1993年には、野球を題材にした映画である『がんばれ!ルーキー』で監督と出演もしています。

最近で行くと、2018年にアダム・ディヴァイン主演のコメディ映画『ゲームオーバー』に出演しています。

監督業も少ししているようなので、これからもますます活躍してほしいですね!

2人の怪我はどうだったのか?

『ホーム・アローン』では、ケビンが泥棒退治をする話のため、泥棒たちはかなり痛い目に遭っています。泥棒役の2人がケビンが仕掛けた罠にかかった時について、本当にあんな目に遭ったらどれだけ負傷するのかを検討している動画です。

改めて確認してみると、「最悪の場合死に至る」ような危険なアクションをしていることがわかりますね!

映画の撮影としては、さすがにスタントマンを使ったと思われますが、実は、

  • (マーブ)登場するタランチュラは本物
  • (ハリー)クリスマスのオーナメントを
    ロテクター着けずに裸足で踏んだ

どちらも、役者根性が違いますね!

マーブの顔に乗せられてしまったタランチュラは本物だそうです。しかし、安全面を考慮して、撮影はたった一度きり。しかも大きな声を出すとタランチュラを刺激してしまうので、先に音なしで撮影して、後から叫び声を編集で付け足したのだとか。

当時はCGの技術もありませんから、役者さんも相当苦労したんですよね…スタントを使っていない分、アクションせざるを得ないのです…(^^;

まとめ

映画『ホーム・アローン』に出演する泥棒役の2人の現在について、まとめてきました。結論としては、

  • ジョー・ペシ、ダニエル・スターン、2人とも
    現在も映画に出演するなど活動的
  • 2人のスタントはかなり大変だった

ということがわかりましたね!

何度観ても笑えるので、家族と笑いながら過ごしたい日にぴったりの映画です♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次