耳をすませばの父親の声優が下手で棒読みの理由!なまりは茨城弁?

ジブリ作品『耳をすませば』はいまだ青春映画の代名詞として語り継がれる名作です。

ところが、ヒロインのお父さんがセリフが棒読みすぎる!という評判が聞こえてきました。それに”なまり”もはいっているようにもきこえます。

そこで今回は

  • 父親役の声優が棒読みで下手!なぜ?
  • お父さんのなまりは何弁?

について考察していきます。ネタバレを含む可能性がありますのでご注意ください。

目次

父親役の声優が棒読みで下手!なぜ?

棒読みで下手な理由

雫の父親役の声優が棒読みで下手だと言われる理由は、ズバリ、

プロの声優さんではないから

です。

雫の父親、月島靖也を演じたのは立花隆さんです。

「知の巨人」のニックネームを持つジャーナリストで、評論家・作家としても活躍されていました。

田中角栄内閣退陣のきっかけを作ったともいわれる方だそうです。残念なことに2021年に永眠されました。

そんな立花さんが、全く畑違いの声優を演じているので、下手でも仕方がない気がします。

なぜ、ジブリは立花さんを声優に起用したのでしょうか?

立花隆さんが声優に起用された理由

立花隆さんを起用した理由は、

自然さ・リアリティを出すため

です。

ジブリ作品では、声優ではない方を起用することが多くあります。

例えば

  • もののけ姫(石田ゆり子:女優)
  • ハウルの動く城(木村拓哉:俳優)
  • 風立ちぬ(庵野秀明:監督・俳優)

などなど、数えきれません。

代表的なものは『となりのトトロ』でお父さんの声優を務めた「糸井重里」さんだと思います。

最初、糸井さんの演じるお父さんのセリフを聞いた時は棒読みのように聞こえ、感情が伝わってこないと感じていました。

しかし何度か聞いているうちに、考古学者という職業や穏やかな人柄に糸井さんの抑揚の少ない話し方が、絶妙にマッチしていると感じるようになりました。

立花さんの声優としての演技は決して上手とは言えないかもしれませんが、聞いていられないほどひどいものではなく、物語を邪魔しない演技だったと思います。

お父さんのなまりは何弁?

実は

お父さんのなまりは茨城弁

です。

このことはスタジオジブリのプロデューサー鈴木敏夫氏さんが明らかにしています。

月島靖也については

「(声優として)上手い下手は関係なくて、とにかく茨木県・水戸の訛りがほしかった」

と言っています。

立花さんは中学・高校時代を水戸で過ごしていたこともあり、声優に起用されたようです。

また、スタジオジブリの勉強会に立花さんが講師として参加したこともきっかけの一つのようですよ。

もう1つのリアリティ

ヒロイン雫は作家の道を歩もうとし、母親や姉に叱られてしまいます。

しかし、父親だけは

「自分の信じる通りやってごらん。でもな、人と違う生き方はそれなりにしんどいぞ」

と雫の夢に理解を持ち、背中を押すのです。

月島靖也は図書館で司書としてアルバイトをしつつ、郷土史研究に没頭する自由な生き方をしています。自由の反面、批判や苦労は多いと思われます。

自分の信念を貫き、ジャーナリストとして戦い続けた立花さんだからこそ言える一言でもあり、物語にリアリティがうまれています。

それゆえに、このセリフはとても重みをもって聞こえ、雫の心にも響くのです。

まとめ

今回は「耳をすませばの父親の声優が下手で棒読みの理由!なまりは茨城弁?」について考察してきました。

結論として

  • プロの声優ではないため、下手に聞こえる
  • 雫の父親の声優を務めたのはジャーナリストの立花隆さん
  • 立花隆さんが水戸訛りがあるため、声優に採用された
  • 立花隆さんの生き方が雫の父親の生き方にリンクしている

と考察出来ました。

何度も聞いているうちに味がある喋り方に聞こえてきますね。今回の考察を踏まえながら『耳をすませば』を見直すと、違った感情が生まれるかもしれませんね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次