竜とそばかすの姫とサマーウォーズの繋がりは?12年後の続編説を考察!

アニメ映画『竜とそばかすの姫』は細田守監督が12年ぶりに仮想空間を舞台にした作品で『サマーウォーズ』と設定が似ていることが指摘されています。『サマーウォーズ』の続編なのでは?とも言われています。

二つの作品に関連はあるのでしょうか?

そこで今回は

  • 『竜とそばかすの姫』は『サマーウォーズ』との繋がりがある?
    それはどのあたりなの?
  • 『竜とそばかすの姫』はサマーウォーズの12年後の続編なの?

について考察していきたいと思います!

ネタバレを含みますのでご注意ください。

目次

『竜とそばかすの姫』と『サマーウォーズ』の繋がりは?

映画『竜とそばかすの姫』の公開にあたって、細田守監督は

今回の作品は(『竜とそばかすの姫』)は
いろんな過去作品の連続線上にある

と語っています。

特に『サマーウォーズ』との共通点が多くみられます。二つの作品の共通点を挙げてみました。

  1. 主人公が高校生
  2. 物語の舞台が地方である
  3. 仮想空間が舞台の一つになっている
  4. 仮想空間に「くじら」が出てくる

このように、多数の共通項が見つかりました。では、代表的なところを考察していきたいと思います。

①物語の舞台が地方

両作品とも、舞台が地方都市です。

  • 『竜とそばかすの姫』では高知県
  • 『サマーウォーズ』では長野県上田市

ですね。

自然あふれる地方の映像と仮想空間のデジタル画の対比が何とも言えず、ひたすら美しかったです。

また、『竜とそばかすの姫』の主人公「すず」が高知から東京に向かうのに対し、『サマーウォーズ』のケンジは東京から長野へ向かうのです。

似ているようで少し違っていますが、どちらも少々内気な高校生が人間として成長する物語、という点では共通していると思います。

②どちらも仮想空間

両方の作品に出てくる仮想空間「U」と「OZ」ですが、とても似通っていることがわかります。

では、似ている点を挙げていきます。

  1. ログインした時のセリフが同じ
  2. 基本的にアバター(もう一人の自分)を作成することで、
    仮想空間内で行動できる
  3. 守り神的な役割としてクジラが出てくる

と言ったところです。

ログイン時のセリフというのは、

  • 「ようこそOZの世界へ」
  • 「ようこそUの世界へ」

というものです。

『竜とそばかすの姫』のこのセリフを聞いて、『サマーウォーズ』のOZを想起した人も多いのではないでしょうか。

しかし、似ているようですが「U」と「OZ」はサービス内容が違うのでやはり同じ空間ではないですね。例えば、利用者数。OZが10億人だったのにたいし、Uは50億人です!

ほぼ、

『竜とそばかすの姫』は『サマーウォーズ』の
12年後の続編?

『竜とそばかすの姫』は、『サマーウォーズ』と内容が似ていることから、12年後の続編なのでは、という声があります。しかし、

ズバリ

二つの作品は全くの別な物語である

と思います。

設定が似ているため続編ではないのかと考える人が多いようですが、基本的には全くの別物語と考えられます。しかし、二つの作品の登場人物に似ているキャラクターを見つけると「もしかして同一人物?」と思ってしまいますね。

『サマーウォーズ』は12年前に公開された大ヒット作で、ファンも多かったと思います。同じ仮想空間を舞台にした作品なので、続編なのでは!?と期待してしまう気持ちもよくわかります。

両作品とも「家族愛、人との関係性の大事さ」「ネット世界での匿名行為の怖さや責任」など共通したテーマが感じられます。

似ている点をさがして、考察しながら鑑賞するのも楽しいかもしれませんね。

まとめ

今回は『竜とそばかすの姫』と『サマーウォーズ』の繋がりは?続編なのか?について考察してきました。

結果として

  • 両作とも仮想空間を舞台にした作品であり、
    繋がりを感じるが基本的には別の物語
  • 『竜とそばかすの姫』は『サマーウォーズ』の
    続編ではないが、根底にあるテーマは同じ

と考察できました。

あらためて、両方の作品を見直したくなってしまいました。2つの作品に共通することを探しながら、色々考察して鑑賞してみるのも楽しいかもしれませんね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次