塔の上のラプンツェルのあらすじをネタバレ解説!最後の結末の感想がやばい!

映画『塔の上のラプンツェル』のあらすじをネタバレありで徹底解説しますよ!

長い髪のプリンセスが登場するディズニーアニメの人気作品である本作は、何度観ても楽しめます。

今回は、最後の結末まで、感想も一緒にわかりやすくしっかり解説しますよ~♪

目次

映画『塔の上のラプンツェル』作品情報

『塔の上のラプンツェル』基本情報

『塔の上のラプンツェル』の基本情報を押さえてきましょう。

  • 原題:Tangled
  • 公開日:2010年11月24日(米国)
        2011年3月12日(日本)
  • 上映時間:100分
  • 監督:バイロン・ハワード、ネイサン・グレノ
  • キャスト:マンディ・ムーア、ザッカリー・リーヴァイ
         ドナ・マーフィ、ほか

ディズニー長編アニメの記念すべき50作品目で、初めて3Dで描かれるプリンセスストーリーとなりました。

『塔の上のラプンツェル』のあらすじ(簡単に・ネタバレなし)

森の奥深くにある高い塔の上には、18年間も塔の中で暮らす少女ラプンツェルがいました。魔法の髪をもつラプンツェルは、母親の言いつけを守り、外に出ずに塔の中でつつましく暮らしていました。

しかしそこへ、塔にたまたまやって来た大泥棒のフリン・ライダーとの出会いにより、ラプンツェルの運命が大きく変わります。初めて外の世界に出たラプンツェルは、自分自身の過去についても知ることになる冒険に出るのでした――。

『塔の上のラプンツェル』のあらすじ内容を詳しくネタバレ解説!

魔法の力を持ったプリンセス誕生

むかしむかし。若さを保つことができるという魔法の花が咲いていました。それを見つけたゴーテルという女は、こっそりその魔法を使って若さを維持していたのですが、ある時、病気の王妃のために魔法の花の捜索が行われ、魔法の花は王宮に持って行かれてしまいました。

王妃は魔法の力で病気から回復し、元気な女の子を産みました。お姫様である女の子の金髪には、魔法の花の力が宿っていたのです。魔法を失って困っていたゴーテルは、魔法の力を自分のものにするために、お姫様を誘拐しました。

国中の人は、お姫様を失った悲しみに暮れて、お姫様の誕生日には毎年たくさんのランタンを空に飛ばすことが恒例となりました。

フリンとの出会い

お姫様、ラプンツェルの髪には、特別な歌を歌うと傷を癒してくれるという魔法がかかっています。しかし、髪を切ると、魔法は消えてしまいます。そのため、ラプンツェルは髪を長く伸ばし続けていました。

ゴーテルはラプンツェルを連れ去り、森の奥深くの塔に幽閉し、幼いラプンツェルを自分の子どもとして育てるのでした。しかし、ラプンツェルは成長し、毎年自分の誕生日に夜空に飛ばされるランタンを見て、いつか外に出たいという思いが沸き起こっていました。しかし、ゴーテルには外出は断じて禁じられてしまうのでした。

一方その頃、王宮からお姫様のティアラを盗んだフリン・ライダーとスタビントン兄弟は、王宮の衛兵から逃げていました。あるとき、フリンはスタビントン兄弟を裏切って、一人で逃げ切り、ラプンツェルがいる塔にたどり着きます。

塔に自力で上ったフリンは、ラプンツェルに警戒され拘束されます。しかし、どうしても夜空に浮かぶランタンの光が見たいラプンツェルは、外の世界を案内してその光を見せてくれることを条件にフリンを解放します。

2人の冒険は、そこから始まるのでした。

2人の冒険

外の世界に出るのが初めてだったラプンツェルには、何もかもが新鮮でした。しかし、実はフリンは指名手配中なので、王の衛兵に見つかるとピンチに陥ってしまいますが、フックハンドなどのバーにいる荒くれ者たちに助けられて、ラプンツェルとフリンはなんとか逃げきりました。

逃げている途中に、ラプンツェルは自分の髪の秘密についてフリンに打ち明けます。そしてフリンもん、本名はユージーン・フィッツハーバートであることをラプンツェルに明かしました。2人はいつしか惹かれ合っていきます。

そして、フリンはついに、夜空に浮かぶランタンの光をラプンツェルに見せることができました。一安心していた2人でしたが、ゴーテルとスタビントン兄弟が現れ、フリンは王宮の牢屋に閉じ込められます。ラプンツェルもゴーテルに言いくるめられて、塔の上に連れ戻されてしまいました。

しかし、塔に戻ったラプンツェルは、自分が行方不明になっているお姫様であることに気づき、ゴーテルを追及し、激怒しました。

『塔の上のラプンツェル』の最後と結末

フリンは、フックハンドたちに助けられて牢屋から脱出し、ラプンツェルが閉じ込められている塔へ向かいます。しかし、フリンはゴーテルの罠にはまり、ゴーテルにナイフで刺されてしまいました。

ラプンツェルは、一生ゴーテルの言いなりになることを条件に、髪の魔法の力でフリンを救おうとしました。しかし、フリンはラプンツェルの髪を切ってしまいます。ラプンツェルの髪はみるみるうちに茶色に変色し、魔法の力で生きながらえていたゴーテルは、力を失い消滅してしまいました。

髪を切られて魔法の力を失ったように思えたラプンツェルでしたが、流した涙がフリンに落ちて、その魔法の力でフリンの傷が癒えてフリンは助かりました。

その後、フリンとラプンツェルは王宮に戻り、ラプンツェルは皆から祝福されて再びお姫様となりました。また、フリンとも結婚して、2人は幸せに暮らしました。

『塔の上のラプンツェル』感想まとめ

映画『塔の上のラプンツェル』の感想をまとめました!

ラプンツェルの意思の強さと行動力に共感。
見る度に勇気づけられる!

徐々に良い人になっていくユージーンが良い!
そしてイケメン!

世界観と音楽がめちゃくちゃ好き。
ラプンツェルが可愛くて応援してしまう!

まとめ

映画『塔の上のラプンツェル』のあらすじを、ネタバレあり(詳しく)とネタバレなし(簡単)で解説してきました!

最後の結末までご紹介してきましたが、意志の強いプリンセスを描いた作品でしたね♪

何度も見たくなってしまう映画です!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次