万引き家族のあらすじをネタバレ解説!最後の結末と感想がヤバい!

映画『万引き家族』のあらすじをネタバレありで徹底解説しますよ!

お金に恵まれず万引きをして懸命に生きる家族が魅力の本作は、何度観ても楽しめます。

今回は、最後の結末まで、感想も一緒にわかりやすくしっかり解説しますよ~♪

目次

映画『万引き家族』作品情報

『万引き家族』基本情報

『万引き家族』の基本情報を押さえてきましょう。

  • 作品名:万引き家族
  • 公開日: 2018年6月8日
  • 上映時間:120分
  • 監督:是枝裕和
  • 脚本:是枝裕和
  • キャスト:リリー・フランキー、安藤さくら
         松岡茉優、池松壮亮、ほか

『万引き家族』は是枝裕和が監督を務めた日本映画です。第71回カンヌ国際映画祭において、最高賞であるパルム・ドールを獲得しました。

『万引き家族』のあらすじ(簡単に・ネタバレなし)

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が暮らしています

彼らの目当ては、この家の持ち主である祖母の初枝の年金です。それで足りないものは、万引きでまかなっていました。社会という海の底を這うように暮らす家族でしたが、なぜかいつも笑いが絶えず、口は悪いが仲よく暮らしていました。

そんな冬のある日、治と祥太は近隣の団地の廊下で震えていた幼いゆりを見かねて家に連れ帰ります。体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として育てることにします。

だが、ある事件をきっかけに家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密と切なる願いが次々と明らかになっていきます。

『万引き家族』のあらすじ内容を詳しくネタバレ解説!

少女ゆりとの出会い

東京、下町のとあるスーパーに親子らしき中年男・治と少年・祥太が入って来ます。目と目で合図をしながら二人は店の商品をごく自然に手慣れた様子で店の外に持ち出しました。

凍えるような冬の夜、仲の良い父子のような二人は万引きした大量の品を持って家路に着きます。するととある団地のベランダに小さな女の子が一人で震えているのを見つけます。中からは男女の言い争う声がしています。

見かねた二人は女の子を家に連れて帰ります。

三人が帰ったのは古びた一軒家で、初枝という老女、若い亜紀、そして信代という中年女が二人の帰りを待っていました。

治たちが連れ帰った女の子は「ゆり」と名乗りました。ゆりは毎日のようにベランダに追い出され、一人で遊んでいるところが目撃されていた子供だということがわかります。

信代や亜紀は、ゆりを早く家に戻すように言いながらも世話を焼き、結局その夜はゆりは初枝と眠りにつきました。

翌日、治と信代はゆりをおんぶして、ゆりの両親が住む団地へ送り届けようとしますが、中からはまたもや怒鳴り声と「産みたくて産んだんじゃない」という声が聞こえ、2人は再度ゆりを連れて戻ります。

ゆりも家に帰りたくないと言い、「脅迫も身代金要求もしていないんだから誘拐じゃない」と言う治の言葉で、ゆりはこの家の子供になりました。雑然とした家の中で6人の大家族がひしめき合う暮らしです。

万引きで暮らしている家族

実は初枝の持ち家であるこの家は、初枝が一人で年金暮らしをしていることになっています。一家はその存在自体が秘密なのです。

そんな中で治は日雇いの現場作業員、信代はパート先のクリーニング屋で洗濯物に付いていたネクタイピンやアクセサリーをくすね、初枝を「おばあちゃん」と呼んで懐いている亜紀は、女子高生のコスプレをして性風俗店で働いています。

学校に通っていないらしい祥太はゆりを連れて近所をうろついては、駄菓子屋やスーパーで万引きを繰り返す毎日です。

ある日、治が仕事現場で脚を骨折し働けなくなります。「労災が降りるはずだから仕事に行けなくても大丈夫」と言う治でしたが、結果労災は降りず、家族の生活は困窮します。

じゅりの行方不明

一家は「じゅり」という少女が行方不明になっており、両親は2ヶ月間も捜索願いを出していなかったというニュースが世間を騒がせているのを知ります。

「じゅり」の両親に人々は非難と疑いの目を向け、じゅりの家の周りは報道陣に取り囲まれていました。その家は冬の夜にゆりを見つけた、あの団地です。そしてテレビにはゆりの顔写真が大きく写し出されていました。

じゅりの両親が疑われていることに、いちまつの後ろめたさを感じつつも、彼らが長い間娘を探さなかったことや、ゆりの身体中にあるアザや火傷の痕から、ゆりが両親から虐待を受けていたことを確信している一家。

すると、長かったゆりの髪を短く切り「凛」と名付けます。「似合うよ」とみんなに誉められて笑顔になる凛。凛はすっかり家族の一員となっていました。

治と祥太は凛を連れて釣り具屋で釣竿を万引きします。釣竿は高価で売れる為、これでしばらく生活できると話す治と、浮かない顔をしている祥太でした。

母・初枝が慰謝料を受け取っていた

その頃、信代は同僚女性と二人でパート先のクリーニング工場の責任者に呼び出されました。

「不況の煽りを受けて従業員を減らしたい。ベテランの二人のうち、どちらかが辞めるか交代で仕事をするか話し合って決めてほしい。」と二人に告げる雇い主。

店の裏で信代と同僚は話し合いをしますが、それぞれ生活が苦しくて辞めることも勤務時間を短縮することもできないと、二人とも譲りません。

そこで同僚女性が出してきた切り札が凛の存在です。「私はテレビに出てた子供が、あんたの家にいることを知っている。」と告げる同僚に、信代は仕事を譲ります。「もし、しゃべったら殺す」そう言って信代は職場を去りました。

ある日、水着を買ってやろうとすると、凛は殴られるのではないかと怯え始めました。信代の腕に自分のものと似たアイロンの火傷の跡を見つけて、そっと撫でてくれた凛。信代は凛を手放さないと決めていたのです。

パチンコ店で他のお客の箱をネコババしたりする他は、年金しか収入のないはずの初枝には、彼女が「慰謝料」と呼んでいる謎の収入があります。初枝の元夫は以前、初枝を捨てて別の女性と家庭を持っていました。

元夫もその後妻も亡き今、初枝は元夫の月命日になると元夫と後妻の息子夫婦の家を訪ねては、お金をもらっていたのです。

初枝は息子に子供たちのことをたずねました。息子夫婦には娘が二人いて、さやかという名前の次女は両親に愛情をかけられて育てられている様子が伺われます。

長女は海外留学していると言い、長女の話をする息子の顔はなぜか強張って見えます。その長女の写真として写っているのは亜紀でした。息子は初枝が帰る時に妻に準備させた「慰謝料」の入った封筒を彼女に手渡して別れます。

母・初枝が息を引き取る

妹の名前「さやか」を名乗り、マジックミラー越しに男性客の視線に曝される風俗店「JK見学店」で働く亜紀は「4番さん」という孤独な常連客と心を通わせていました。

嬉しそうに初枝や信代にそのことを話す亜紀。初枝と一緒に眠り、何でも打ち明けるほど亜紀は初枝に懐いています。

ある夏の日、一家は電車に乗って海に行きます。むつまじく浜辺で遊ぶ家族を初枝は目を細めて見守りながら「ありがとうございました」と呟いていました。翌日、一家は眠ったまま息を引き取った初枝に気がつきます。

初枝を弔う費用はありません。しかも初枝は一人暮らしをしている事になっている上に、死亡届けを出せば初枝の年金が受け取れなくなります。さらに、家に人が来れば凛の事がバレてしまうかも知れません。

初枝の遺体は、治が家の床下を掘って埋めました。初枝のへそくりを見つけて喜ぶ治と信代の姿を複雑な面持ちで見つめる祥太。

ある日、駄菓子屋でいつものように万引きしようとした祥太は、駄菓子屋の主人に呼び止められ「妹にはさせるなよ」と二人分のお菓子を手渡されます。祥太は治に「店のものは、まだ買われていないなら誰のものでもない」と教えられていました。

しかし万引きで生活を賄っていることや、学校に行っていないことなど、祥太は徐々に自分の置かれた状況や善悪の判断に疑問を抱き始めていたのです。

『万引き家族』の最後と結末

血縁関係ではない家族

そんな中で治は駐車場に停めてある車の窓を破り、車内のブランドバックを盗んで祥太を連れて逃げます。「店のものと違って車には持ち主がいるよね」と言う祥太の問いを、治ははぐらかすしかありません。

数日後、ついに事件が起こります。祥太が万引きしようとしたスーパーで、凛が見よう見まねで万引きをしようとしたのです。祥太はとっさに、商品の缶詰めを派手にひっくり返して店員の気を引き、ミカンを掴んで走り出します。

追いかけて来た店員に挟みうちにされ、橋の下へ飛び降りた祥太は怪我をして病院送りになりました。このままでは全てが警察にバレてしまうと思った治は、信代たち残された家族と共に夜逃げしようと家を飛び出します。

しかし家の外に張り込んでいた警察に拘束され、家族はそれぞれに事情聴取を受けることに。そこでこの一家の関係が明らかになりました。

夫に裏切られ身寄りのない初枝。DV夫を殺害した過去を持つ元ホステスの信代と彼女の客だった治。二人とも初枝との血縁はありません。三人の子供たちも親はバラバラで、睦まじく暮らしていた6人家族は皆、誰も血が繋がっていなかったのです。

信代は全ての罪を被って懲役5年が言い渡されました。釈放された治は1人暮らしを始め、祥太は施設に預けられ初めて学校に通うことになります。凛は本当の両親の元へ戻されました。

家族離れ離れに

初枝が自分の実の親からお金を受け取っていたことにショックを受けた亜紀ですが、一人そっと初枝の家へ戻ります。窓から静まりかえった家の中を覗き込む亜紀。

治と祥太は連れ立って服役中の信代の面会に訪れます。信代は祥太に「あなたはパチンコ屋の駐車場で拾った。赤いヴィッツだった。本当の親が見つかるかもしれない。」と話します。祥太も凛のように、両親の育児放棄から信代に拾われていたのです。

この夜、祥太は治の家に泊まり、治と一緒に雪だるまを作ります。以前と変わらない仲の良い父子のような二人でしたが、治は祥太を置いて夜逃げしようとしたことを告白しました。

そして、今までずっと祥太にお父さんと呼んでほしがっていた治は「父ではなく、おじさんに戻るよ」と祥太に告げました。

翌朝、祥太はバスに乗って施設へと帰ります。走り出したバスを思わず祥太の名前を叫びながら追いかけた治。 バスは止まることなく、祥太もついに目を合わせて呼び掛けに答えることはありませんでした。

治の姿が見えなくなった頃、祥太はそっと窓の外をふりかえり何かをつぶやきました。

凛は両親の元で再びもとの虐待生活に戻りました。凛は以前のように1人でベランダで遊び始めます。ふと立ち上がり踏み台に乗って外を見つめます。そこには、まるでまた誰かが迎えに来てくれるのを期待しているかのような凛の姿がありました。

『万引き家族』感想まとめ

映画『万引き家族』の感想をまとめました!

家族とは何か、ということを考えさせられる作品

リリーフランキーや安藤サクラは圧巻の演技
子役たちの自然な演技にも引き込まれました!

この家族の形が不幸せだったかは勝手に決めることはできないけど、
たくさん親に感謝して、生きてるうちにもっと恩がえししたいと思えました!

まとめ

映画『万引き家族』のあらすじを、ネタバレあり(詳しく)とネタバレなし(簡単)で解説してきました!

万引きをして生計を立てているお話でしたが、それよりも家族の在り方を教えてくれる素敵な作品でしたね♪

何度も見たくなってしまう映画です!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次