ジュラシックパーク3のベンの死因の謎を考察!

恐竜アクション映画『ジュラシック・パークⅢ』にはベンという男性が登場します。

ストーリーの幕開けともなる事件を起こした重要人物ですが、劇中で死体で発見されてしまうんですよね…

その死因については詳しく描かれておらず、謎に包まれています。

今回は

  • ベンの死因は何?
  • 謎に包まれたベンの死因

について考察していきたいと思います!

ネタバレや、やや過激な描写も含みますのでご注意ください。

目次

ジュラシックパーク3でのベンの死因は何?

死因はズバリ

恐竜に襲われたため

と、考察します。

冒頭のベンの状況についておさらいしましょう!

  • ベンは恋人アマンダの息子
  • エリックと恐竜島付近でパラセーリング中
  • 船が何者かに襲われ、あわや船が座礁しそうになる
  • 慌てたベンはパラセーリングの紐をほどく

このあたりまで映画では描かれていましたね。

その後、ベントアマンダの息子エリック2人は島に不時着したのですが、ベンの遺体の近くに落ちていたビデオカメラに、不時着した時には二人とも生きていた映像が残っています。

映像には二人が木に引っ掛かり、エリックだけパラシュートから離れることができたところまでが残っていました。その際にエリックは難なく地面に着地しています。つまり引っかかった場所は、地面からさほど高さはなかったと思われます。

このことからベンは、木にパラシュートがひっかかり身動きが取れなくなっているうちに、なにかの恐竜に襲われたのではないかと考察出来ます。

ベンの死因の謎を深掘り

ベンの遺体の状況

謎に包まれた、ベンの遺体で発見時の状況ですが

  • パラシュートごと木にぶら下がったまま
    白骨化している
  • 遺体の下半身がないように見える

状態でした。

また、遺体の周囲にハエが飛んでいたり、腐敗臭に顔をしかめる様子が描かれていました。

ベンは木に引っ掛かり、何とか脱出を試みますがうまくいかず恐竜の襲撃にあったのではないかと考察しましたが、下半身が亡くなっていることから、下半身を食べられるくらいの中サイズの恐竜に襲われた、と推察されます。

つまり、

下半身は恐竜に食いちぎられた

というのが、自然ですね。

また、下半身を引きちぎられたら人間は生きていることは難しいでしょう。

外傷による出血多量で亡くなった

のではないでしょうか。

何の恐竜に襲われた?

では、ベンは何の恐竜に襲われたのかが気になりますが、大型恐竜に襲われたのならば、遺体はまるごと食べられ、発見できる状態ではなかったのではないでしょう。

実は、答えは映画の未公開シーンに収められていました。どうやら、

ベンはヴェロキラプトルに襲われた

ようです。

映画のストーリー本編にはさほど重要ではないシーンだったためか、カットされたようですが、

本編中にも、遺体発見場所周囲にラプトルの卵が多く産卵されていたシーンがあり、襲った恐竜の種類はラプトルではないかと推察できます。アマンダが木にぶら下がった状態でラプトルに襲われるシーンもあり、信ぴょう性が高そうです!

まとめ

今回は、『ジュラシックパーク3』のベンの死因の謎について詳しく考察してきました。

結論として

  • 恐竜(ラプトル)に襲われたため
  • 下半身を食べられたことによる大量出血死

と考察できました。

ジュラシックパークシリーズを見ると夏の訪れを感じますね。大人気シリーズ『ジュラシック・パークⅢ』を違った視点で鑑賞してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次