僕のワンダフルジャーニーの吹き替えがひどいし下手?声優キャストは誰?

映画「僕のワンダフルライフ」の続編として制作された「僕のワンダフルジャーニー」。

多くの感動の声を集めた反面、吹き替え版がひどいと話題になっているそうです。

そこで今回は、

  • 吹き替えがひどい!下手!
  • 吹き替え声優キャストは誰?

について考察していきたいと思います。

ネタバレを含みますのでご注意ください。

目次

吹き替えがひどいし下手?

ひどいと言われる理由とは?

吹き替え版がひどいと言われる理由として、

劇中で披露される歌が下手すぎる

とのことでした。

キャスリン・プレスコットさんの吹き替えを務めた早見あかりさんは、元々アイドルグループ「ももいろクローバー」のメンバーとして活躍されていました。そんな早見さんの吹き替えに、歌唱力がひどく感情移入ができないなどという声が多くありました。

感動するシーンでも泣けなかったという声もあったそうで、このような評価を得てしまうことになり非常に残念ですね。

字幕と吹替はどちらがおすすめ?

字幕と吹き替えのどちらで観ようか迷う方も多くいらっしゃると思いますが、個人的には

オリジナル俳優の良さが存分に感じられる
字幕で観る

のがおすすめです。

様々な意見がありますが、オリジナル俳優の演技力は圧巻でかなり胸が熱くなりました。透き通るような美しい歌声も披露しているので、オリジナル俳優の雰囲気も楽しみたいという方には字幕で観ることをおすすめします!

時間が取れない方や他の作業をしながら鑑賞したいという方には吹き替え版がおすすめです!

吹き替え声優キャストは誰?

日本語吹き替え版を務めた主な声優を紹介します。

高木 渉/ベイリー役

映画の主人公ともいえるベイリー役の声優を務めた高木渉さん。

他にも「名探偵コナン」の架空の人物の声優など多くの作品で活躍されています。

早見 あかり/クラリティ・ジューン(CJ)役

アイドルとして活躍されていた早見あかりさんですが、現在は女優として活躍されています。

2020年には娘さんも誕生し、今では立派な母親として仕事と育児を両立しているそうです。

大塚 明夫/イーサン・モンゴメリー役

洋画の吹き替えだけでなく、ナレーションやアニメでも大きく活躍している大塚明夫さん。

代表作は「ブラックジャック」「ゲゲゲの鬼太郎」などの声優を担当しています。

まとめ

今回は、映画「僕のワンダフルジャーニー」の吹き替えがひどいし下手?声優キャストは誰?について考察してきました。

結論として、

  • 吹き替えで披露される劇中の歌声がひどい
    という意見あり
  • オリジナル俳優の雰囲気が楽しめる字幕での視聴がおすすめ

と考察できました。

犬と人間の繋がりを描いた心温まる感動物語です。犬の純粋な気持ちや行動に心が動かされ、涙なしでは観ることができないほど号泣してしまいます。

家族と犬の絆が感じられる素晴らしい作品ですので、犬好きの方にはぜひおすすめしたい作品です!

皆様もぜひ一度観てみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次