僕のワンダフル・ジャーニーのあらすじをネタバレ解説!最後の結末と感想がヤバい!

映画『僕のワンダフル・ジャーニー』のあらすじをネタバレありで徹底解説しますよ!

何度も生まれ変わる犬と飼い主のラブストーリーが魅力の本作は、何度観ても楽しめます。

今回は、最後の結末まで、感想も一緒にわかりやすくしっかり解説しますよ~♪

目次

映画『僕のワンダフル・ジャーニー』作品情報

『僕のワンダフル・ジャーニー』基本情報

『僕のワンダフル・ジャーニー』の基本情報を押さえていきましょう。

  • 作品名:僕のワンダフル・ジャーニー
  • 公開日:2019年9月13日(日本)
  • 上映時間:108分
  • 監督:ゲイル・マンキューソ
  • 脚本:W・ブルース・キャメロン
  • キャスト:ジョシュ・ギャッド、デニス・クエイド、
         マーグ・ヘルゲンバーガー、キャスリン・プレスコット、他

『僕のワンダフル・ジャーニー』は、2019年のアメリカ合衆国のドラマ映画です。本作は2017年の映画『僕のワンダフル・ライフ』の続編になります。

『僕のワンダフル・ジャーニー』のあらすじ(簡単に・ネタバレなし)

たくさんの生まれ変わりを経て、ようやく大好きだった元飼い主イーサンと再会した犬のベイリー。

そして、イーサンが初恋の人ハンナと暮らす田舎の農場に、ハンナの亡くなった息子の妻グロリアとその幼い娘CJが新たな家族として加わります。

イーサンや妻のハンナとうまくいかなくなったグロリアが、突然CJを連れて出て行ってしまいました

そして、寿命を迎えるベイリー。そんな彼の転生を知るイーサンは、CJを守るようベイリーに伝えるのです。

『僕のワンダフル・ジャーニー』のあらすじ内容を詳しくネタバレ解説!

旅立ったイーサンの愛犬・ベイリー

月日は流れ、イーサンと共に編み出したボール遊びも、歳を重ね少しずつキツくなってきたベイリー。それでもミシガン州の大自然の中でのびのびと暮らすことができる田舎生活は最高です。

新しくハンナの孫娘で赤ちゃんのCJも家族に加わり、ベイリーは毎日を幸せに暮らしていました。

ところがある日突然、グロリアは娘のCJを連れて家を出ていってしまいます。グロリアはハンナの息子ヘンリーの妻でした。ヘンリーが事故で亡くなり、大きなお腹を抱えたままのグロリアをハンナとイーサンは温かく家族に迎え入れたのでした。

ところが、その状況をなかなか受け入れることができなかったグロリアは、いつもわめくように当たり散らしてばかりでした。

グロリアとCJが出ていくと家には静寂が訪れ、ベイリーの犬生も終わりが近づいてきました。イーサンは弱りきったベイリーにぴったり寄り添い、優しく身体をなでてくれています。

ベイリーは使命を果たした満足感と幸せに包まれながら最期を迎えました。「また戻ってCJを幸せにしてやってくれ」と、イーサンの言葉と共にベイリーは旅立ちました。

ベイリーの生まれ変わり・モリー

ベイリーが次に生まれ変わったのはモリーというビーグル犬の女の子でした。トレントという男の子が一番仲のよかった弟ロッキーを引き取りにやってきました。

ところが驚いたことに、CJはトレントの友達だったのです。モリ―は猛アピールの末、CJに連れて帰ってもらうことに成功しました

11歳になったCJは母親グロリアとシカゴで暮らしています。母親らしいことは一切せず毎日男と夜遊びでCJには無関心。

犬嫌いのグロリアに内緒でモリーを飼っていましたが、母親に気が付かれてしまい激怒され、危うく追い出されそうになりました。

しかし、その頃にはすでにCJとモリーの間に絆ができていたため「離さない」と抵抗の末、認めてもらうことができました。

事故で息を引き取るモリー

ある日、イーサンとハンナが訪ねてきました。イーサンはモリーがベイリーであることに気付き、これまでベイリーを呼んでいたのと同じように「ボス犬」と呼びモリーを喜ばせます。ところが、グロリアは2人を玄関先で追い返してしまいました。

自らの居場所を見出すことができずにいたCJですが、18歳になったら亡くなった父親の保険金を受け取りニューヨークでミュージシャンを目指すという夢が心の支えになっていました。

ところが、保険金は母グロリアに全て使い込まれていたことが判明し、CJは怒りに任せてモリーを連れて車で飛び出していきました。

そして不幸は突然やってきます。車は事故に巻き込まれ横転し、モリーは息を引き取りました。

大型犬のビックドックとして生まれ変わった犬生

次は大型犬のビッグ・ドッグとして、コンビニエンスストアを経営するジョーと一緒に暮らすことになりました。CJと会えない日々でしたが、彼女のことを片時も忘れたことはありません。

そんなある日、なんと驚くことに店にCJがやってきました。これでCJと一緒に住める!と思った矢先、買い物を済ませたCJは店を出て去っていきました。

ビッグ・ドッグは力の限りCJの車を追いかけましたが、走っても走っても追いつくことはできませんでした。そのあとも待ち続け、来る日も来る日も待ち続けました。

結局、CJにはそれ以来、会うことができず、ビッグ・ドッグは寝ているジョーに感謝を伝えると、森の中へ向かい、ひとりで最期を迎えました。

ちび犬マックスに生まれ変わる

今度はチビ犬マックスに生まれ変わり、保護犬の譲渡会にいました。明日は殺処分の日で、マックスは巧みな戦略を使って、CJとついに出会い再会を果たしました。それだけではなく、トレントとも再会することができました。

ところが、夢を追いかけニューヨークにいるCJはあまり幸せそうではありません。母親とは何年も会わず、ミュージシャンになる夢も、人前で歌うことに恐怖感があり叶えることができずにいました。

そんなCJをずっと励ましていたのがトレントでした。マックスもトレントといるときのCJが幸せそうな表情をしていることを感じています。

そんなトレントの力添えもあり、バーで歌うことができたCJは、少しずつ自信をつけていきます。さらにトレントはハンナとイーサンを訪ねることを提案し、マックスを連れてミシガン州へと向かいます。

『僕のワンダフル・ジャーニー』の最後と結末

結ばれたCJとトレント

ハンナとイーサンはCJとの再会に心から喜んでくれました。はしゃぐマックスを見てイーサンは「ボス犬!」と呼びます。嬉しそうに反応するマックスを見て、イーサンはベイリーの生まれ変わりだと確信していました。

事態を飲み込めずにいるCJに、イーサンはある技を見せます。それはかつてイーサンがベイリーと編み出したボール遊びです。

初めて会ったイーサンとマックスが意気投合してキャッチボールをしている姿にあっけにとられたままのCJでしたが、これまで飼ってきた犬や出会ってきた犬たちとの間に起こった奇跡を思い返します。

CJは思い出したかのようにトレントの元へ走ると、抱きしめてキスをしました。やがてCJとトレントは結ばれ、赤ちゃんを授かりました。グロリアとも和解したCJやイーサンたちは楽しい日々を過ごしました。

旅立つイーサンとマックス

しかし、新しい命との出会いもあれば、悲しい別れもあります。

ある日のこと、ベッドに横たわるイーサンにマックスがしっかり寄り添っていました。マックスがかつてベイリーだったときに、イーサンは最期にずっと手を握ってくれ見守ってくれました。

次はマックスがイーサンを見守る番だと言わんばかりに、イーサンに生命力がなくなるその瞬間までマックスは寄り添いました。

やがてマックスにも最期の時が訪れました。CJとトレントに見守られながら旅立ったマックスは、これまでの犬生を振り返りながらベイリーの姿となり、天国で待っていてくれたイーサンとの再会を喜ぶのでした

『僕のワンダフル・ジャーニー』感想まとめ

映画『僕のワンダフル・ジャーニー』の感想をまとめました!

個人的には最後の姿のマックスが好き!
お別れのシーンは涙が止まりませんが、悲しい涙というより心地よい涙でした。

犬を飼っている人たちには100%刺さる映画!
前作の満足度は素晴らしかったですが、今回のストーリーもうるうるさせられました!

本当に犬って無償の愛で全力で愛してくれるのを感じました!
犬と飼い主の絆を感じて胸が熱くなりました。

まとめ

映画『僕のワンダフル・ジャーニー』のあらすじを、ネタバレあり(詳しく)とネタバレなし(簡単)で解説してきました!

最後の結末までご紹介してきましたが、動物が注ぐ愛情は無条件で見返りを求めず、純粋で無垢な飼い主たちと一緒に暮らし、特別な関係を築いたとても感動する作品でしたね♪

何度も見たくなってしまう映画です!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次