ジュマンジ/ネクストレベルのあらすじをネタバレ解説!最後の結末と感想まとめ

映画『ジュマンジ/ネクスト・レベル』のあらすじをネタバレありで徹底解説しますよ!

『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』の続編で、ゲーム内でのスリルと冒険が魅力の本作は、何度観ても楽しめます。

今回は、最後の結末まで、感想も一緒にわかりやすくしっかり解説しますよ~♪

目次

映画『ジュマンジ/ネクスト・レベル』作品情報

『ジュマンジ/ネクスト・レベル』基本情報

『ジュマンジ/ネクスト・レベル』の基本情報を押さえてきましょう。

  • 作品名:ジュマンジ/ネクスト・レベル
  • 公開日:2019年12月13日
  • 上映時間:123分
  • 監督:ジェイク・カスダン
  • 脚本:ジェイク・カスダン、ジェフ・ピンクナー、
       スコット・ローゼンバーグ
  • キャスト:ドウェイン・ジョンソン、ジャック・ブラック、
         ケヴィン・ハート、カレン・ギラン、ほか

テレビゲームの世界へと吸い込まれた、高校生たちが、本来の姿とはかけ離れたアバターになって、様々な冒険をする笑いあり涙ありの作品です。

『ジュマンジ/ネクスト・レベル』のあらすじ(簡単に・ネタバレなし)

高校生だったスペンサー、マーサ、フリッジ、ベサニーの4人が「ジュマンジ」の世界から生還してから2年の月日が経ちました。かつてのプレイヤー達は大学生になり、それぞれの道を歩んでいました。4人は離れ離れになっても、定期的に連絡は取り合っていました。

そんなある日、久しぶりに4人で会うことになりましたが、スペンサーが一向に来る気配がありません。不思議に思った3人はスペンサーの家に迎えに行くことにしました。

スペンサーの家に着くも、肝心のスペンサーはいませんでした。しかし、そこには2年前に壊したはずのゲーム「ジュマンジ」がありました。スペンサーは「ジュマンジ」の中にいると察した3人は、彼を助ける為に再び、ジュマンジに挑むのでした。

『ジュマンジ/ネクスト・レベル』のあらすじ内容を詳しくネタバレ解説!

2年ぶりの再会

高校生だったスペンサー、マーサ、フリッジ、ベサニーの4人があの恐ろしいゲーム「ジュマンジ」から生還し、もう二度とゲームの中に吸い込まれないようにジュマンジを破壊してから、2年の月日が経ちました。それから、4人は離れ離れになっても定期的に連絡は取り合っていました。

ある日、久しぶりに4人で会うことになりましたが、スペンサーが一向に来る気配がありません。不思議に思った3人はスペンサーの家に迎えに行くことにしました。

スペンサーの家に着くと、スペンサーの祖父とその友人がいました。しかし、肝心のスペンサーはいませんでした。

すると、どこかで聞いた覚えのある太鼓の音が聞こえてきて、2年前壊したはずのジュマンジを見つけてしまいます。

中途半端に修理されて動いているところを見ると、スペンサーはジュマンジの世界にいると確信した3人は、彼を助ける為に再び、ジュマンジに挑むのでした。

ゲームの世界へ

再びゲームの世界に入ることになった3人ですが、ゲーム機が中途半端にしか直っていないためか、キャラクター選択ができないままゲームに吸い込まれてしまいます。

ゲーム世界のジャングルに降り立つ4人。真面目で勤勉な女性マーサは、ゲーム内での姿はセクシーで格闘術が使える女性「ルビー」でした。すると目の前には、屈強なスキンヘッドの男性「ブレイブストーン博士」の姿がありましたが、なにか様子がおかしいと気付きます。

なんと「ブレイブストーン」の中身は、スペンサーの祖父であるエディだったのです。そして、ブレイブストーン博士の助手の体が弱くて小柄な男性「ムース」の中身は、エディの友人のマイロでした。

また、勉強が嫌いな体育会系の男性フリッジは、ゲーム内では太った男性の考古学者「シェリー教授」になっていました。

そして、ベサニーは、ゲームの世界に入ってくることが出来ませんでした。

命をかけたゲーム

前回とは全く異なるスタートに全員が混乱します。今回が初参加のおじいちゃん達は状況が全く理解できておらず、マーサとフリッジが状況を説明します。

ゲームをクリアしないと、現実世界に戻れないこと

この世界ではライフは3つで、3回やられると現実世界でも死んでしまうというルールがあるのでした。

その直後、いきなり現れた大蛇にフリッジが襲われ、早くもライフを一つ失ってしまいます。

そこへ、ゲームの進行役を務めるナイジェルがやってきて、4人を飛行機に乗せます。今回のクリア条件は、盗まれた宝石ファルコンを取り戻し、太陽にかざしてジュマンジと叫ぶことでした。

ファルコンは暴虐王ユルゲンの手にあり、「砂漠の果実」がクリアのヒントになると伝えられると、4人は砂漠の上に落とされます。

宝石ファルコンを求めて

マーサは、各キャラクターの胸を叩いて、キャラクターのステータスを表示させます。すると、今回新たに加わった特性、弱点がありました。

ブレイブストーンは、勇気、登ること、スピード、ブーメラン、キメ顔のスキルを持ち、弱点はスイッチブレード

ルビーは、空手、太極拳、合気道、ダンス武術、ヌンチャクのスキルを持ち、弱点は毒

シェリーは、地図製作、考古学、古生物学、幾何学のスキルを持ち、弱点は持久力、暑さ、太陽、砂

ムースは、動物学、武器運び、言語能力のスキルを持ち、弱点はケーキ、スピード、強さ

各々ステータスを確認して、街へ移動した4人は登場人物に話しかけ、砂漠の果実と手掛かりを探すことにしました。

そこで、ミンという女性と出会います。そしてその女性「ミン」の中身は、なんとスペンサーでした。

スペンサーは、平凡な日常生活に嫌気がさし、もう一度「ブレイブストーン」になって大活躍したかったと言います。

マーサとフリッジは呆れますが、今はゲームクリアを目指すことが優先だと考えることにします。

新たな助っ人

スペンサーと合流した一行が先に進むと、巨大な崖に張り巡らされた無数の吊り橋のステージに到達しました。

吊り橋を渡るだけの簡単なステージかと思いきや、何十頭ものマンドリルの群れが待ち受けます。マンドリルに襲われスペンサーとマーサがライフを1つずつ失い、ピンチの所を、馬に乗った男性「シープレーン」に助けられ、このステージをクリアできました。

シープレーンの中身は、前回のジュマンジでスペンサー達と冒険を共にしたアレックスでした。置き去りにされたベサニーがアレックスに助けを求めていたのです。そしてベサニーも馬のキャラクターとして参加する事ができたのでした。

そして、吊り橋の先にあったのはピカピカと光る川でした。そこでは、キャラクターチェンジ出来ることが分かり、全員が川へとダイブします。

スペンサーは「ブレイブストーン博士」、フリッジは「ムース助手」、ベサニーは「シェリー教授」に変わり、エディは「ミン」、マイロは「馬」へと変わり、ラストスパートへと進もうとした所、馬とミンがユルゲンの手下により連れ去られてしまいます。

『ジュマンジ/ネクスト・レベル』の最後と結末

ユルゲンの元へ

そしていよいよユルゲンがいる要塞へ到着しました。ユルゲンの元へ向かう途中で、スペンサーとマーサは2人の気まずい関係について話しました。2人は付き合っていましたが、冷却期間として距離を置いていました。

スペンサーは大学に行ってもパッとせず、マーサのSNSを見て充実する姿を見て、自分に嫌気がさしていたといい、一方マーサは大学で急に注目を浴び、戸惑っているものの、本当にそばにいて欲しい人は変わらないという事を話し、お互いの気持ちを再確認した2人は、さらに心の距離を縮めることができました。

要塞へ侵入した一行は、捕まっていたミン達を助け出しユルゲンのいる広間へと向かいます。ついに暴虐王ユルゲンと対峙し、ブレイブストーンとルビーの屈強なキャラの2人を中心に戦いを挑みます。

しかし、この2人の力をもってしても倒すことが出来ず、返り討ちにあってしまいます。そして、ユルゲンは自身の飛行船へと逃げてしまうのでした。

最終決戦

その飛行船から垂れ下がるロープになんとか食らいつき、飛行船に乗り込んだスペンサー。ユルゲンとブレイブストーンの一騎打ちになりました。

2人は激闘を繰り広げました。その最中、ブレイブストーンがユルゲンの左胸に触れるとステータスが表示され、その中に弱点、「ベリー」と書いてあるのを見つけました。

ブレイブストーンは、砂漠の街で手に入れた果実「ジュマンジ・ベリー」を投げつけ、勝負は決しました

そして、弱り切ったユルゲンからファルコンを取り戻すことができました。しかしその時、飛行船が大きな音を立てて岩壁にぶつかり、黒煙を上げた船は墜落の危機を迎えてしまいます。

スペンサーの危機を救ったのはマイロとエディでした。なんと、馬の背中に翼が生えペガサスのような姿で空を飛んでやって来たのです。不思議な事に馬のキャラクターのスキルは「飛行」だったのでした。

スペンサーを救って、空高く舞い上がると、スペンサーはファルコンを太陽にかざし、「ジュマンジ‼」と叫びました。見事、クリアする事が出来たのです。

現実世界に戻ろうという時に、マイロは「ここに残る」と言います。喧嘩別れしていたエディの所に無理矢理、会いに来たのも、実は自分の体がもう長くないと知ったが故の行動だったのです。

エディとマイロは、かつての友情を取り戻し、マイロが悠々と空に駆けて行く姿を見送っていました。その後、現実世界に戻ってきた4人は改めて、レストランでの再会を果たし変わらない友情を誓い合うのでした。

『ジュマンジ/ネクスト・レベル』感想まとめ

映画『ジュマンジ/ネクスト・レベル』の感想をまとめました!

ゲーム内キャラと、実際キャラのギャップを考えるだけで
笑える映画ですね!とても面白かったです♪

過酷な世界でもずっとマイペースなおじいちゃん達
ハラハラさせられました。(笑)

ゲーム内のキャラの俳優さんの演じ分けに見応えがあって
得した気分です。
最後はおじいちゃん達の友情に感動しました!

まとめ

映画『ジュマンジ/ネクスト・レベル』のあらすじを、ネタバレあり(詳しく)とネタバレなし(簡単)で解説してきました!

最後の結末までご紹介してきましたが、過酷なゲームの世界を通じて、人と人との繋がりの大切さを感じる映画でしたね♪

何度も見たくなってしまう映画です!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次