ゴジラ-1.0のわだつみ作戦は現実的に可能?原理や意味を考察!

映画「ゴジラ-1.0(マイナスワン)」では、「わだつみ作戦」という奇抜な方法を使って、無事にゴジラを撃退することに成功しました。

しかし、本作品をご覧になった方の中には

  • わだつみ作戦の「わだつみ」って何の意味?
  • わだつみ作戦の原理がよくわからない…
  • そもそも、現実的に可能な作戦なの?

という疑問を持った方もいるでしょう。

そこでこの記事では、わだつみ作戦の意味や原理について解説するとともに、現実的に可能な作戦なのかを考察したいと思います!

なお、本記事は映画「ゴジラ-1.0」のネタバレを含みます。

過去作見るならU-NEXTがお得!

【U-NEXT ユーネクスト】※商品リンクあり

U-NEXTなら31日間無料体験できて、見放題作品が豊富だから過去の作品もお得におさらいできます!

>使わないと損!U-NEXT無料期間のポイントで映画を無料で見る方法

最新公開映画を映画館でお得に観るならauスマパスプレミアム!

auスマートパスプレミアムなら、500円で映画館で映画を観ることができたり、auマンデイやauシネマ割など、映画館で映画を観たい人にはお得なサービスが満載!

>全部知ってる?映画館で映画を格安で見る方法まとめ

この記事の監修者
つくつく

映画鑑賞は年間100本以上映画ブログ運営4年

中学生の頃に『スターウォーズ』に感動して以降、
映画の沼にハマり続けて20年。
結婚・出産後も年間100本は必ず鑑賞中。
Filmarksアカウントにも鑑賞レビューを掲載中。

目次

【ゴジラ-1.0】わだつみ作戦とは?

わだつみ作戦とは、映画「ゴジラ-1.0」の中で立案・実行された、ゴジラ撃退作戦です。

火気での攻撃がまったく効かないゴジラに対する「最後の切り札」で、それは水中にいるゴジラの身体の周囲に大量の気泡を発生させ、海底まで一気に沈めるという奇想天外な作戦でした。

わだつみ作戦の意味

この作戦の名前に使われた「わだつみ(海神・綿津見)」は、「海の神」を意味します。

日本最古の書物とされる古事記に記載があり、「綿津見神(わたつみのかみ)」や「大綿津見神(おおわたつみのかみ)」など、「わだつみ(わたつみ)」という名前のついた神様が登場するそうです。

本作戦のネーミングの由来については不明ですが、古くからゴジラは神のような存在と考えられていたため、「海の神=わだつみ」とされたのかもしれません。

海の底に巨体を横たえる竜神様

半月に誘われて海霧が波を荒立てるとき

海原を割って躍りでる

目が風となり舌が波となって

船乗りたちのねぐらを呑み込む

竜神様よ、わが舟はお助けあれ

御名を石に刻んで讃えます

ああ、ゴジラ様

引用元:「GODZILLA(1998)」ノベライズ

民間人だけで計画・実行された作戦

わだつみ作戦は、民間人が主体となって実行されたもので、日本国やGHQ(当時、日本を実質的に統治していた組織。連合国軍最高司令官総司令部)は一切関与していません。

なぜ民間人だけでこの作戦が行われたかというと、第一に、軍事行動によってソ連を刺激することをGHQが恐れていたから。

そして第二に、日本国軍はGHQによって解体された上、自衛隊はおろか、その前身となる警察予備隊すら発足していなかったからです。

つまり、国やGHQが逃げ腰で、さらに軍隊すらない状況だったため、民間人だけでやらざるを得なかったというわけです。

わだつみ作戦に参加したメンバーたち

わだつみ作戦を計画立案したのは、元海軍所属の技術士官である野田健二です。

作戦には、駆逐艦「雪風」の元艦長だった堀田辰雄を筆頭に、元軍人、民間企業「東洋バルーン」の従業員、そして主人公の敷島浩一をはじめとする「新生丸」のメンバーたちが参加。

強大な破壊力を持つゴジラに恐怖をいだきつつも、彼らは勇気を振り絞り、この「ゴジラ掃討作戦」に加わったのです。

なお、わだつみ作戦を実行するにあたり、「雪風(ゆきかぜ)」「響(ひびき)」「夕風(ゆうかぜ)」「欅(けやき)」という4隻の駆逐艦と、試作段階で退役した戦闘機「震電(しんでん)」が配備されました。

震電は、最大速度400ノット(時速約740キロ)という高速の戦闘機で、機体には30ミリ砲を4門搭載されており、元特攻隊員である主人公の敷島浩一が乗り込みました。

わだつみ作戦の詳細

わだつみ作戦は、1000mを超える深海「相模トラフ」にゴジラを誘い込み、海底へ沈めて圧死させる作戦です。

ゴジラの誘導には、あらかじめ録音しておいたゴジラの咆哮の声を使用。

「縄張りを荒らされた」と勘違いをさせて、ゴジラを目的のポイントへと誘い込もうという戦法です。

ゴジラが所定のポジションに入ったら、「雪風」と「欅」の2隻でゴジラのまわりを旋回し、身体にガスボンベが大量に取り付けられたケーブルを巻きつけます。

スイッチを入れると、フロンガスを充填したボンベが爆発。

大量の気泡に包まれたゴジラの身体は、一気に海底へと引きずり込まれます。

ちなみに、残り2隻の駆逐艦「夕風」と「響」には、一人の乗組員も搭乗させませんでした。

ゴジラが発する熱線に備えた「おとり」として使用するためです。

なお、この作戦には、失敗したときのために「予備作戦」も用意されていました。

海底へと沈めたゴジラを、今度は「浮き袋」を使って水面へと急上昇させようという作戦です。

海底から水面へと急上昇させれば、ゴジラの体内にある気体を一気に膨張させ、血管や内臓などに大ダメージを負わせることができると考えたのです。

なお、この予備作戦には、東洋バルーン社が製造した「膨張式浮上装置」と名付けられた浮き袋が使われました。

わだつみ作戦の原理

わだつみ作戦は、水中にいるゴジラの身体を気泡でつつみ込み、海底へと沈める作戦です。

しかし、なぜ気泡を使ってゴジラを沈めることができるのでしょう?

この作戦には「アルキメデスの原理」を応用した理屈が使われています。

物体が水に浮かぶのは、「浮力」という下からの水圧が発生するからです。

そして浮力の大きさは、その物体が「押しのけた」水の重さと同じになり、これを「アルキメデスの原理」と呼びます。

たとえば、1cm³の物体を水中に入れると、物体と同じ量の水が押しのけられ、その水と同じ重さの浮力が発生します。

1cm³の水は1gなので、物体には1gの浮力がかかるということですね。

では、ゴジラに置き換えて考えてみましょう。

ゴジラが海に入ると、巨体によって大量の海水が押しのけられるわけですから、ゴジラにはとてつもなく大きな浮力がかかることになります。

あれだけ身体の大きいゴジラが海水に浮かんでいられる理由が、ご理解いただけたのではないでしょうか。

これを踏まえて、水中にいるゴジラを大量の気泡でつつむとどうなるか?

押しのけられる水にはたくさんの空気が混ざるため、同じ体積でも重さが激減します。

すると、浮力も急激に減少し、結果としてゴジラは海底に沈下。

これが、わだつみ作戦の原理です。

【ゴジラ-1.0】わだつみ作戦は現実的に可能なのか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次