翔んで埼玉(映画)のロケ地まとめ!春日部の地下神殿や群馬・栃木も!

大ヒットコメディ映画『飛んで埼玉』は「埼玉県民にはその辺の草でも食わせておけ!」という強烈なセリフが印象的ですよね。

埼玉をテーマにしていますが、いったいどこで撮影されているのでしょうか?

そこで今回は

  • 映画『翔んで埼玉』のロケ地はどこ?
  • 春日部のロケ地はどこ?
  • 群馬、栃木のロケ地はどこ?
  • 地下神殿のロケ地はどこ?

について考察していきます。ネタバレを含む可能性がありますのでご注意ください。

目次

映画『翔んで埼玉』のロケ地はどこ?

映画『飛んで埼玉』は関東地区1都5県で撮影されています。

では、詳しく考察していきますね。

東京都

都庁

新宿都庁は映画の後半に千葉県民と埼玉県民が都庁に突撃する場面で撮影現場となりました。

都庁前の道路を3日間封鎖して撮影されました。

バーレスク東京

映画の冒頭で、東京都に不法侵入した埼玉県民が追い出されるシーンで登場したクラブになります。

茨城県

愛郷橋の河川敷

埼玉解放戦線と千葉解放戦線が激突したシーンの撮影現場です。

男性エキストラ300人、女性エキストラ200年が公募されました。

山田うどん 竜ケ崎店

映画の冒頭、結納に向かう家族が車で横を通り過ぎるのが「山田うどん 竜ケ崎店」です。

「山田うどん」は埼玉県を中心に100店舗以上を構えるチェーン店で、埼玉県民ならだれもが食べたことがある、埼玉県民のソウルフードと言っても過言ではありません。

茨城ではほかの撮影スポットもありますので、次の見出しで補足していきますね。

神奈川県

高田橋下の河川敷

千葉解放戦線と埼玉解放戦線が激突しご当地合戦をしたシーンの撮影現場です。

エキストラが500人参加しての、大真面目に出身有名人自慢するこの場面は、爆笑必死のシーンで印象深いですね。

春日部のロケ地はどこ?

実は、春日部の撮影は春日部市では行われていません!

なんと、茨城県で撮影されているんです。

1つ目の春日部のシーン

茨城県石岡市、常陸風土記の丘

で撮影されました。

GACKTさん演じる麻実麗が埼玉県春日部市で埼玉解放戦線のリーダーとなり千葉解放戦線へと一念発起したシーンです。

風土記の丘には竪穴式住居があり、そこで蜂起を決心する様子が描かれています。

ここで麗は、伝説の埼玉県人である埼玉デュークと運命の出会いを果たします。

2つ目の春日部のシーン

茨城県波崎海岸

です。

勃発する埼玉県民と千葉県民の抗争が激化し、全面戦争になったシーンが撮影されました。

また、話題になった伊勢谷友介さんとGACKTさんのキスシーンが撮影されたのもここになります。

なぜ春日部で撮影せずに、茨城県で撮影を行ったのでしょうか?

撮影関係者によると、

「近未来の首都、東京と田舎の埼玉の落差を際立たせるために、
埼玉に竪穴式住居があるという設定だが、
実際の埼玉は適度に満たされており、
田舎感をだすためにロケ地を選んだところ、
埼玉でのロケが少なくなった。

埼玉を避けたわけではない」

とのことでした。

より自然の田舎感を出すべく、茨城県が選ばれたということでしょうか。。。

群馬のロケ地はどこ?

ロックハート城

GACKTさんが草加せんべいの踏み絵を強制されるシーンが撮影されたのが、ロックハート城です。

スコットランドから移設された本物のお城を使った観光施設で、ドレスを着用したプリンセス体験もできるそうです。

異国情緒あふれるロックハート城は『怪物君』や『ヤマトナデシコ七変化』の撮影でも使用されています。

群馬会館

空気のにおいから地名をあてるゲーム「東京テイスティング」をおこなったのが群馬会館です。

群馬会館は群馬県内最古の公会堂で、ルネサンス様式を取り入れた建築物で国の有形文化財にも指定されています。

レトロ感漂う建物なため、『砂の城』などのロケも行われたそうです。

栃木のロケ地はどこ?

メイフラワーゴルフクラブ

百美と麗が通う白鵬堂学院の撮影がおこなわれたのは、メイフラワーゴルフクラブです。

ちなみにここでは学院の外観が使用されています。

エントランスから重厚感あふれる建物で、外観もまさに白鵬堂学院そのもの、といった洋式の建物になっています。それもそのはず、バブル期に建築されたようで浮世離れした雰囲気が漂っています。

最大の難点はカメムシが多いことのようです。

地下神殿のロケ地はどこ?

首都圏外郭放水路

映画のラストシーンで世界埼玉計画を発表する集会を行った地下神殿は、首都圏外郭放水路です。

首都圏外郭放水路は首都圏での水害を防止するために、埼玉県春日部市に作られた地下放水路で、世界でも最大級です。

実際は6kmにもおよぶ長さがあり、とても奥行きがある場所になっており、まさに地下神殿のようです。

事前に申し込むことで見学ツアーにも参加できるようです。

まとめ

今回は「翔んで埼玉(映画)のロケ地まとめ!春日部の地下神殿や群馬・栃木も!」について考察してきました。

結論として

  • 『飛んで埼玉』のロケ地は1都5県で行われている。
  • 埼玉県でのロケより、いっそう田舎感を出したい制作陣がこだわって茨城ロケが多くなった

と考察することができました。

埼玉を題材にした映画ですが、実際のロケ地は埼玉以外が多く使われていることに驚きました。しかし、違和感を感じることなく楽しめてしまうエンターテイメント作品でした。

是非今回の考察をもとに『飛んで埼玉』を見直して聖地巡礼してみてはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次