ファブル2で鈴木はなぜヒナコを助ける?2人の関係を考察!

人気漫画の実写映画化である「ザ・ファブル」は人気から続編の『ザ・ファブル2(殺さない殺し屋)』も制作されましたね。

そんな「ザ・ファブル2」に登場する殺し屋の鈴木とヒナ(ヒナコ)の関係について疑問に思う人も多くいるでしょう。

鈴木は仲間を思って行動する場面があるのに対して、ヒナは鈴木に冷たく接しますが、ストーリーが進んでいくにつれてどんどん打ち解け合う様子が印象的ですよね。

そこで今回は

  • 鈴木はなぜヒナ(ヒナコ)を助けるのか
  • ヒナコと鈴木はどういう関係なのか

について考察していきます。

目次

ザ・ファブル2の鈴木は
なぜヒナ(ヒナコ)を助けるのか?

結論から申し上げると、あくまでも

一般人であるヒナコを
プロとして守るべき人物だと判断した

からではないかと言われています。

鈴木はプロの殺し屋ですが、ヒナコはウツボに利用されている一般人でしかありません。殺し屋ではありますが、鈴木もプロとしての流儀があるのでしょう。

映画の中では、

  • ストーカーがいると言ったヒナコに
    公園への付き添いを申し出る

といった、ヒナコへの鈴木のやさしさや気遣いが見られますよね。

また、実際に鈴木はヒナコに向かって、「守ることも仕事のうち」だと言っていることから、

  • チームであり仲間だという認識

だったのではないでしょうか。

そんなヒナコが危険な目に遭っているところを見て、見捨てることができず助けるという選択をしたのでしょう。殺し屋ですが男気があって優しい鈴木にはファンが多いですよね~(*´ω`*)

【考察】ヒナコと鈴木の関係は?

『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』では、

ヒナコと鈴木は兄弟のような関係

になっていくことが描かれています。

例えば、鈴木はヒナコを気にかけ、話しかけていますが、そんな鈴木に対してヒナコは冷たく接します。

しかし、そんな態度のヒナコにも

  • 仲間であること
  • 兄としてヒナコを守る

います。

そんな鈴木の優しさからヒナコもどんどん打ち解けていき、最終的には本当の兄弟のように変化していきますよね。

ヒナコのことを見守る鈴木の顔がどこか暖かさを感じてとてもいいですよね♪

また、宇津帆とヒナコが言い合うシーンでも、鈴木は心配そうにヒナコに声をかけていました。宇津帆がいたからこそ、より鈴木とヒナコの距離も縮まったのでしょう。

まとめ

ここまで、「ザ・ファブル2(殺さない殺し屋)」の鈴木とヒナコについて考察しました。

結果として

  • 鈴木がヒナコを守ったのはプロとして、
    仲間としてのこと
  • 鈴木とヒナコは兄弟のような関係

ということが考えられます。

鈴木の優しさとかっこよさやヒナのことを想って行動する様子は、「ザ・ファブル2」の中でも是非注目してもらいたいです。また、このことを踏まえてから映画を見るとより二人の関係性が輝かしく見えます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次