ザ・ファブルの主人公佐藤の生い立ちと過去!サヴァン症候群とは何?

『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』は大ヒット映画「ザ・ファブル」の続編として2021年に公開されたアクション映画です。

主人公の佐藤は謎の多い人物で、生い立ちなどは詳しく明かされていません。また、非常に高い戦闘能力を持っており、その様子から『サヴァン症候群』ではないかともいわれています。

今回は

  • 佐藤の生い立ちはどうなっているのか
  • 佐藤の過去になにかあるのか
  • サヴァン症候群って何?

について考察していきたいと思います!作品のネタバレを含みますのでご注意ください。

目次

ファブルの主人公佐藤の生い立ちと過去

佐藤の生い立ちは不明?

実は、

原作漫画でも佐藤の生い立ちについては
ほとんど明らかにされていません

わかっていることを挙げると

  • ボスが幼少期に佐藤を引き取って育てた。
  • 佐藤は子供のころから殺し屋としての訓練を受けている。
  • ナイフ1本だけ渡され、何回も山に置いていかれた。
  • 映画の中では殺し屋になって6年目。
  • 今までに71人殺している。

このような感じになります。

劇中では、佐藤が幼少期にボスと一緒に山中でサバイバル訓練を受けている回想シーンがありました。

何らかの理由でボスに引き取られた佐藤は、組織の中で生きていくために殺し屋になるしか道はなかったのでしょう。悲しい過去を背負っているのかもしれませんね。

ファブルの主人公佐藤の過去は?

生い立ちと同じく、

佐藤の過去についても
ほとんど明らかになっていません

幼少のころにボスに引き取られて育てられたことしかわかっていないのです。佐藤には謎が多いですね…。

佐藤の過去に関してわかっている情報は、

  • 佐藤明という名前
  • 免許証
  • 保険証
  • 戸籍など

すべてのことが偽装されたものであり、何一つ本当のものはないということです。

明の相棒である洋子も幼少期に両親をなくし、ボスに引き取られています。しかも両親が亡くなったのは、洋子の特殊能力に目を付けた「ファブル」のメンバーが起こした火事が原因でした。

洋子は親の仇である組織に属しているんですね。

そのあたりを考えると、佐藤がファブルに属しているのも佐藤の潜在的な超能力に気が付いた組織の陰謀、の可能性も否定できないですね…。

今後、原作の方で明らかになっていくのかもしれません。

佐藤のサヴァン症候群とは何?

サヴァン症候群とは

サヴァン症候群とは、

アスペルガー症候群などの知的障害や発達障害を持っており、
加えて得意な能力を持っている

障害のことを言います。

最近の研究では、アスペルガー症候群の4人に一人はサヴァン症候群と言われています。

サヴァン症候群の持つ才能は音楽・絵画・彫刻・記憶・計算など、多岐にわたります。

例を挙げると

  • 一度しか聞いていない曲を完璧に演奏することが出来る
    絶対音感を持っている
  • 指定した年月日の曜日を即答できる
  • 広い土地の道路や地理などを覚えている
  • まるで写真のような絵を描くことが出来る

などがあります。

サヴァン症候群は、常人にはできないような特殊な能力を持っているというイメージがありますが、能力や程度は人それぞれですので、サヴァン症候群だからといって特殊な能力があるとは限りません。

そして、サヴァン症候群は男性に多いと言われています。

佐藤明はサヴァン症候群なのか?

結論から言うと、

主人公の佐藤明がサヴァン症候群だと
はっきりと明言はされてはいない

ようです。

しかし、佐藤の感情の起伏の少なさや、たぐいまれな空間把握能力や記憶力(マップを一瞬見ただけで覚える)、笑いのツボが独特、などなど…アスペルガー症候群やサヴァン症候群の特徴と一致する描写も多いです。

よって、「佐藤はサヴァン症候群だろう」と、劇中でも思われているのですね。

佐藤の高い戦闘能力や瞬間記憶能力など、サヴァン症候群の特徴と一致しているところも多いですし、佐藤はそこが魅力です♪

まとめ

今回は『ザ・ファブル』の主人公佐藤の生い立ちや過去について考察してきました。

結論として

  • 佐藤明の生い立ちや過去については
    明らかになっていない
  • 佐藤は特殊な能力があったため
    組織のボスに引き取られたのではないか
  • 佐藤にはサヴァン症候群と
    同様の能力が見られる

ということがわかりました。

原作の『ファブル』は第二章が連載開始となっているので、今後そちらの展開も気になりますね。映画も1作目、2作目と併せて楽しみたいですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次