猿の惑星シリーズはどれから見ればいい?見る順番を公開順と時系列で解説!

猿の惑星 シリーズ どれから見ればいい 見る順番 順番 見る順 公開順 時系列

フランスの作家ピエール・ブールのSF小説原作で、SF映画の金字塔と言われる大人気作品『猿の惑星』シリーズのご紹介です!

10作目が公開となり気になっている方も多いと思いますが、
作品数が多くてどれから見たらいいのか分からない方もいらっしゃるかと思います。

今回は、どんなシリーズがあるのか、どれから見たら良いかを公開順・時系列で解説していきたいと思いますので、早速見ていきましょう!

過去作見るならU-NEXTがお得!

【U-NEXT ユーネクスト】※商品リンクあり

U-NEXTなら31日間無料体験できて、見放題作品が豊富だから過去の作品もお得におさらいできます!

>使わないと損!U-NEXT無料期間のポイントで映画を無料で見る方法

最新公開映画を映画館でお得に観るならauスマパスプレミアム!

auスマートパスプレミアムなら、500円で映画館で映画を観ることができたり、auマンデイやauシネマ割など、映画館で映画を観たい人にはお得なサービスが満載!

>全部知ってる?映画館で映画を格安で見る方法まとめ

この記事の監修者
つくつく

映画鑑賞は年間100本以上映画ブログ運営4年

中学生の頃に『スターウォーズ』に感動して以降、
映画の沼にハマり続けて20年。
結婚・出産後も年間100本は必ず鑑賞中。
Filmarksアカウントにも鑑賞レビューを掲載中。

目次

猿の惑星シリーズはどれから見ればいい?

猿の惑星は歴史が長く、3つのシリーズで構成されています。

作品数が多いので一体どれから見ればいいの?と思う方も多いと思いますので、一挙にご紹介します!

オリジナル版(全5作)

  1. 猿の惑星(1968)
  2. 続・猿の惑星(1970)
  3. 新・猿の惑星(1971)
  4. 猿の惑星・征服(1972)
  5. 最後の猿の惑星(1973)

猿の惑星(無印)の衝撃的なラストシーンで世界中を圧巻し大ヒットしました。
SF映画の金字塔と言われる程のこの作品があるからこそ、現代までシリーズが続いているといっても過言ではないはずです!
その後、猿の惑星(無印)程の人気は出ませんでしたが、続編が4作続きます。

リ・イマジネーション版(全1作)

  • PLANET OF THE APES/猿の惑星(2001)

「シザーハンズ」や「チャーリーとチョコレート工場」の監督として知られるティム・バートンが監督を務めました。
他の2シリーズとの関連はなく完全に独立した作品となっています。

リブートシリーズ版(全4作)

  • 猿の惑星:創世記(ジェネシス)(2011)
  • 猿の惑星:新世紀(ライジング)(2014)
  • 猿の惑星:聖戦紀(グレート・ウォー)(2017)
  • 猿の惑星/キングダム(2024)

オリジナル版の前日譚としての位置づけで2011年より公開されています。
新しい解釈の猿の惑星を楽しむ事が出来るシリーズで、映像技術の進化でより一層、深く世界観に浸ることが出来ます!

もともと3部作で完結かと思われましたが、2024年に『猿の惑星/キングダム』が公開され、前作の300年後の世界、と銘打って続編が出ました。

『猿の惑星』は人気シリーズなので、今後も続編やリブート作品など作り続けられるかもしれませんね!

『猿の惑星』シリーズの見る順番
(時系列・公開順)

公開順

①猿の惑星(1968)
②続・猿の惑星(1970)
③新・猿の惑星(1971)
④猿の惑星・征服(1972)
⑤最後の猿の惑星(1973)
⑥猿の惑星:創世記(ジェネシス)(2011)
⑦猿の惑星:新世紀(ライジング)(2014)
⑧猿の惑星:聖戦紀(グレート・ウォー)(2017)
⑨猿の惑星/キングダム(2024)
+PLANET OF THE APES/猿の惑星(2001)

※リ・イマジネーション版のPLANET OF THE APES/猿の惑星(2001)は他のシリーズとは
ほとんど関連がないので、余力があれば…!な見方でもOKだと思います。

猿の惑星シリーズは、オリジナル版、リ・イマジネーション版、リブート版では物語につながりはないので、
それぞれのシリーズで公開順でも問題なく鑑賞可能です。

1968年の1作目から鑑賞することによって、当時の時代背景や社会情勢、映画の技術の進歩を感じる事が出来るのでおススメです!

時系列順

①猿の惑星:創世記(ジェネシス)(2011)
②猿の惑星:新世紀(ライジング)(2014)
③猿の惑星:聖戦紀(グレート・ウォー)(2017)
④猿の惑星/キングダム(2024)
⑤猿の惑星(1968)
⑥続・猿の惑星(1970)
⑦新・猿の惑星(1971)
⑧猿の惑星・征服(1972)
⑨最後の猿の惑星(1973)
+PLANET OF THE APES/猿の惑星(2001)

※リ・イマジネーション版のPLANET OF THE APES/猿の惑星(2001)は他のシリーズとは
ほとんど関連がないので、余力があれば…!な見方でもOKだと思います。

2011年より公開しているリブート版はオリジナルの前日譚なので、
なぜ1作品目のような世界になったのかが描かれています。

そこを把握して、その後にオリジナル版のストーリーで世界観を深めていく・・・というのが時系列の流れです。

猿の惑星シリーズの未鑑賞の方で古い作品に抵抗を感じる方は、
時系列順で鑑賞すると、映像が新しく見やすいので物語に没頭しやすくなるかもしれません。

さくっと鑑賞したい方におすすめの順番

①猿の惑星:創世記(ジェネシス)(2011)
②猿の惑星:新世紀(ライジング)(2014)
③猿の惑星:聖戦紀(グレート・ウォー)(2017)
④猿の惑星/キングダム(2024)
④猿の惑星(1968)
+PLANET OF THE APES/猿の惑星(2001)

何かと時間に余裕がなく忙しくしているけど、作品を楽しみたい!という方におススメなのが、この流れです。

現代の技術で見やすくなっているリブート版+オリジナル1作目で要点はバッチリ抑えられます!

まとめ

猿の惑星シリーズはどれから見ればいいか?公開順・時系列で解説していきました。

公開順では、猿の惑星シリーズの歴史を感じながら社会情勢を交えて映画を鑑賞することが出来ます。

時系列では、なぜ1作目の世界になったのかを順を追って知ることが出来ますし、古い映像が苦手な人でも飛び込みやすい流れになっています!

SF映画の金字塔とも言われる『猿の惑星』を是非シリーズで体感してみてください♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次