今夜、ロマンス劇場でのあらすじをネタバレ解説!最後の結末と感想がヤバい!

映画『今夜、ロマンス劇場で』のあらすじをネタバレありで徹底解説しますよ!

モノクロ映画の中のお姫様と映画監督志望の青年によるロマンティックな恋愛模様が魅力の本作は、何度観ても楽しめます。

今回は最後の結末まで、感想も一緒にわかりやすくしっかり解説しますよ~♪

目次

映画『今夜、ロマンス劇場で』作品情報

『今夜、ロマンス劇場で』基本情報

『今夜、ロマンス劇場で』の基本情報を押さえていきましょう。

  • 作品名:今夜、ロマンス劇場で
  • 公開日:2018年2月10日
  • 上映時間:109分
  • 監督:武内英樹
  • 脚本:宇山佳佑
  • キャスト:綾瀬はるか、坂口健太郎、本田翼、北村一輝、ほか

『今夜、ロマンス劇場で』は監督・武内英樹が手掛けた主演・綾瀬はるかと坂口健太郎によるラブストーリーです。公開から4か月後に死去した加藤剛の最後の映画出演でもあります。

『今夜、ロマンス劇場で』のあらすじ(簡単に・ネタバレなし)

映画監督を夢見る青年・健司が密かに想いを寄せるのは、通い慣れた映画館・ロマンス劇場の映写室で見つけた古いモノクロ映画のお姫様・美雪

今は誰も観なくなったその映画を毎日のように何度も繰り返し観ていた健司の前に、ある日奇跡が起きます。美雪が健司の前に突然現れたのです。その日から2人の不思議な同居生活が始まりました。

モノクロの世界しか知らない美雪にカラフルな現実世界を案内する健司。同じ時間を過ごす中で、2人は次第に惹かれあっていきます

しかし、美雪にはある秘密がありました。現実の世界に来るための代償として、人のぬくもりに触れると美雪は消えてしまうのです。そんな中、美雪は映画会社の社長令嬢・塔子が健司に想いを寄せていることを知ります。

好きだから触れたい、でも触れられない。この切ない真実に2人はどう向き合い、どんな答えを出すのでしょうか。

『今夜、ロマンス劇場で』のあらすじ内容を詳しくネタバレ解説!

助監督の牧野健司

現代、長期入院中の老人が昔映画に関わっていることを知った、さぼり癖のある看護師吉川。老人は吉川看護師にせがまれて、ある物語を語りだします。

1960年、中堅映画会社京映で万年助監督をしている牧野健司。監督になる夢を見続けながら、助監督として同期の山中とあれやこれやと押し付けられる日々。

そんな彼の気分転換は、行きつけの映画館ロマンス座で発掘したモノクロオペレッタ映画『お転婆姫と三獣士』を見ることでした。老館長の本田には鑑賞料として、小銭をせびられているものの、それでもフィルムが回り始まると全てを忘れられます。

健司ははるか昔の映画のヒロイン美雪に、憧れとも好意ともつかない感情を抱くほどです。ある日、映画収集家が映画を買い取るという話になり健司は大慌て。しかしどうすることもできない健司は最後の上映を見るのです。

美雪との出会い

そんな夜、突然の嵐が起きてロマンス劇場に落雷が落ちます。停電で真っ暗になった劇場のなかで、何かの気配を感じる健司。停電から復旧した劇場には、なんとスクリーンの向こう側の存在でしかなかった美雪の姿がありました。

思わず近づこうとする健司に対して美雪は「無礼者!!」の一言でほうきで殴り返していきます。そして美雪が言い放った言葉が「お前は今日から私のしもべだ!」という厳しい一言。

あまりのことに戸惑う健司。しかも一番驚くべきことは、モノクロ映画から飛び出してきたために、美雪には色彩がないままだということでした

美雪の思わぬ粗暴さに驚きつつも、健司は何とか自宅へ連れ帰ります。

美雪の変身

健司のアパートは質素なものではあるものの、そこにあるものに興味津々の美雪。美雪はスクリーンの向こう側からこちら側を見てこちら側の世界のもの、さらに言えば世界を彩る色彩に憧れていたのでした

彼女の高飛車な雰囲気と何より白黒のままなことを解消するため、健司は一計を案じて自分の職場映画撮影場へ連れていくことにします。

そこには数多くの衣装とメイク道具がそろっています。途中、映画会社の社長令嬢塔子に出会ってしまいましたが、それもなんとかしのいで撮影場に到着しました。

そして健司は衣装室・メイク室に美雪を押し込みます。彩をまとった美雪の姿は、想像をはるかに超え、まさしく美しい王女様そのもので健司は心を奪われます。

美雪の秘密

それから美雪との不思議な共同生活が始まります。あまりにも世間知らずな美雪の行動に、思わず健司が怒ってしまう場面もありましたが、なんだかんだと楽しい共同生活送るようになります。

そして二人の間には特別な感情を抱きあうようになるのにも、それほど時間はかかりませんでした。

しかし美雪には大きな秘密を抱えていたのです。それは現実の世界の人間にに触れてしまうと、美雪はこの世界から消えてしまうということです。

美雪は自分の想いを自覚したうえで、健司に好意を寄せる塔子に全てを託して健司のもとから姿を消します

健司、美雪に告白

そんな美雪を受け入れたのは、ロマンス劇場の館長本多でした。実は本多にもスクリーンの向こう側の女性との恋と、触れ合ってしまったが上の別れを経験した過去がありました。

美雪が姿を消した理由を知った映画スターの俊籐から「男は簡単に下を向くな」の一言を受けて健司はロマンス劇場へと駆け付けます。そこには美雪の姿がありました。

美雪は別れを告げたうえで、一度でいいから抱きしめて欲しいと健司に伝えます。健司は美雪を抱きしめる寸前で立ち止まり、決して美雪に触れらなくてもかまわないから美雪と離れずに同じ時を過ごしたいといいました

映画が斜陽に入り、会社が倒産。それでもロマンス劇場を受け継いだ健司は美雪との日々を過ごします。

『今夜、ロマンス劇場で』の最後と結末

病室の老人と孫娘

そこまで物語を老人が語ったところで、孫娘がやってきます。美人でいつも優しい顔を見せていますが、どういうわけか老人が倒れても手を差し伸べることもしないため、病院内では奇妙な噂になっていました。

その孫娘こそあの美雪であり、老人こそ最期の時を迎えようとした健司でした。最初は夫婦に見えていた二人、しかし外見が変わらない美雪と並んで時を過ごすと徐々に親子、祖父と孫にしか見えなくなってきました。

ある夜に健司の危篤を伝える電話が鳴ります。最期の時、それまでの全ての想いを込めて美雪は健司に手を握ります。健司の命が尽きたとき美雪もまたこの世界から消しました

物語の最後、それは健司の物語なのか、美雪の夢なのか。美雪が主宰のダンスパーティーが華やかに開催されています。そして人波をかき分けて健司が美雪に寄り添います。そこには塔子、山中、本多、俊藤の姿もありました。

そして二人が口づけを交わしたとき、それまでのモノクロの世界に色彩が溢れだします。それは本当に美しい美雪と健司の世界でした。

『今夜、ロマンス劇場で』感想まとめ

映画『今夜、ロマンス劇場で』の感想をまとめました!

二人は愛し合ってるのに、触れられず悲しく苦しい思いをしたと思います。
その大変さが伝わる分、ラストシーンに感動しました!

綾瀬はるかのクラシックな衣装が似合いすぎる!
加えてモノクロからカラーになる演出が衣装の美しさをさらに引き立たせ、そのコントラストに魅了されました!

心温まる素敵なラブストーリー!
切なくて愛おしくてたまらなくなりました!

まとめ

映画『今夜、ロマンス劇場で』のあらすじを、ネタバレあり(詳しく)とネタバレなし(簡単)で解説してきました!

最後の結末までご紹介してきましたが、2人は決して触れることができなくても愛を長年貫きました。切なく、とてもロマンチックな映画でしたね♪

何度も見たくなってしまう映画です!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次