おもひでぽろぽろのあらすじをネタバレ解説!最後の結末と感想がヤバい!

映画『おもひでぽろぽろ』のあらすじをネタバレありで徹底解説しますよ!

田舎に憧れるOLの幼い頃の思い出が魅力の本作は、何度観ても楽しめます。

今回は、最後の結末まで、感想も一緒にわかりやすくしっかり解説しますよ~♪

目次

映画『おもひでぽろぽろ』作品情報

『おもひでぽろぽろ』基本情報

『おもひでぽろぽろ』の基本情報を押さえてきましょう。

  • 作品名:おもひでぽろぽろ
  • 公開日:1991年7月20日
  • 上映時間:119分
  • 監督:高畑勲
  • 脚本:高畑勲
  • キャスト:今井美樹、本名陽子、
         山下容莉枝、三野輪有紀、ほか

劇場アニメ作品の監督・脚本は高畑勲で、スタジオジブリがスタッフを社員にして作った最初の映画です。

『おもひでぽろぽろ』のあらすじ(簡単に・ネタバレなし)

東京でひとり暮らしをしている27歳の会社員・タエ子。

農業に興味を持っている彼女は、休暇を利用し、農家を営む義兄がいる山形へと向かいます。

寝台列車で揺れる中、彼女は田舎がないことで寂しい思いをした小学5年生の自分を思い出します。

そんな思い出と共に過ごしていくうち、次第にタエ子は農家の人々の暮らしに強い魅力を感じるようになります。

『おもひでぽろぽろ』のあらすじ内容を詳しくネタバレ解説!

親戚の農家に滞在するタエ子

ある夏の日、27歳のOLである岡島タエ子は勤務先で休暇を取り、姉の夫の親戚の農家に2度目の滞在をさせてもらうことになります。

電話で母親から結婚の催促がかかるものの今のタエ子には興味がなく、彼女は胸を弾ませて目的の農家へと向かいます。

寝台特急に乗ったタエ子は、自分が東京生まれの東京育ちだったために、夏休みに田舎へ遊びに行くというクラスメイトが羨ましかったことを思い出します。

タエ子はその当時小学5年生。少しわがままで算数が苦手な普通の女の子でした。

幼い頃の記憶

電車を乗り継いで最寄りの駅へ向かったタエ子は、農家の跡取り息子で元サラリーマンのトシオと出会います。

トシオの運転する車で目的地の農家に着いたタエ子は早速、紅花摘みなどの農作業を手伝います。

タエ子はそれからというもの、事あるごとに小学5年生の自分の記憶を振り返ります。

当時美大生だった長女と高校生だった次女との喧嘩や、温泉旅行でのぼせて倒れてしまったこと。

珍しかったパイナップルを初めて食べた時のこと、口数の少ない父親から初めて殴られた時のこと。

文化祭のタエ子の演技を見た芸能関係者がスカウトをしに来たが父から猛反対されたこと、そして初恋相手のヒロのこと。

思い出していく中で、タエ子は農家の暮らしにさらに魅力を感じるようになります。

結婚話を持ち掛けられるタエ子

ある日、タエ子はトシオの祖母からトシオとの結婚話を持ち掛けられます。あまりに急なその発言に驚いてしまったタエ子は家を飛び出します。

トシオに惹かれている自分と、そんな自分に自信が持てない気持ちが入り交じり、タエ子は混乱します。

そんな時、車に乗ったトシオが現れ、トシオはタエ子を助手席に乗せます。

あべくんの話

そしてタエ子はトシオに、幼い頃に転校して来た「あべくん」の話をします。

あべくんは家が貧しく言動が不潔だったため、クラスメイトから嫌われていました。タエ子はそんな彼を嫌がることなく接していましたが、あべくんはタエ子に対して不良少年のように振舞っていました。

ある夕時、タエ子が母親と商店街を歩いていると、あべくんとその父親に遭遇します。タエ子を見たあべくんはポケットに手を突っ込み、唾を吐き捨てながら歩き始めますが、父親から叱られてしまいます。

しばらくしてあべくんがまた転校することになりますが、タエ子とだけはお別れの握手をしないまま行ってしまったのです。

タエ子はそのエピソードを、気を落とした出来事として話したのですが、トシオからあべくんが握手をしなかったのはタエ子のことが好きだったからなのではないかと言われます。

『おもひでぽろぽろ』の最後と結末

トシオとの結婚を決意したタエ子

トシオと話したことで元気を取り戻したタエ子は民家に戻り、そして東京へ帰る日になりました。

タエ子はトシオの祖母に結婚の返事をしないまま電車に乗り、世話になった農家の人々に別れを告げます。

電車の中で幼い頃の記憶が蘇ったタエ子は、大きな力に突き動かされるように公衆電話へ駆け込み、トシオの家に電話をかけます。

そして急いで戻ると、そこには迎えに来たトシオの姿があり、タエ子はトシオとの結婚を決意したのです。

車に乗って走り出した2人の後姿を、過去の思い出だったタエ子とクラスメイト達は少し寂し気に見送るのでした。

『おもひでぽろぽろ』感想まとめ

映画『おもひでぽろぽろ』の感想をまとめました!

ドキドキがあって面白かったです!
天に昇っちゃう程の初恋、分数のくだりや行かないって言って行きたくなる所など、本当に共感しました

心がぽろぽろこぼれ落ちるみたいに子供の頃の思い出が蘇る映画!
同世代でストーリー的にも時代を超えても沁みすぎます!

最後がグッときました!
失恋直後には少し痛い話でした。

まとめ

映画『おもひでぽろぽろ』のあらすじを、ネタバレあり(詳しく)とネタバレなし(簡単)で解説してきました!

最後の結末までご紹介してきましたが、山形の風景や紅花農家の描写がキレイだったり、タエ子の幼い頃の初恋が見れたりと素敵な作品でしたね♪

何度も見たくなってしまう映画です!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次