000-0000-0000

サイエンスビアバー~研究者のたまり場~

サイエンスビアバーは、up Tsukuba会員が企画したイベントです◎

研究者の溜まり場を作りたいと思っていた。この街には、帰りにふらっと寄れる店が少ない。そして、研究者が溜まる場所が少ない。これが問題なのではないかと思っていた。候補に近い場所はいくつかある。だが、どこも微妙に何かが足りない。up Tsukubaの目の前のスペースなら、それが作れるのではないか。研究者が、ふらっと寄って一杯飲める場所。そんな場を作ってみたい。


《日時》
8月22日(木)19:00-22:00

《場所》
up Tsukuba
つくば市吾妻1-10-1 つくばセンタービル105
地図:https://goo.gl/maps/uMtyxKBohgQ2

《ファシリテーター》
江渡 浩一郎 (Koichiro Eto)

《トークゲスト》
芝原 暁彦 (Akihiko Shibahara)
古生物学者、恐竜学研究所 客員教授。博士(理学)。1978年福井県出身。18歳から20歳まで福井県の恐竜発掘に参加し、その後は北太平洋やオマーンなどで微化石の調査を行う。筑波大学で博士号を取得後は、(国研)産業技術総合研究所で化石標本の3D計測やVR展示、3Dプロジェクションマッピングなど、博物館展示と地球科学の可視化に関する研究を行った。2016年にはこれらの技術をもとに産総研発ベンチャー地球技研を設立、「未来の博物館」を創出するための研究を続けている。また東京地学協会、日本地図学会の各委員を兼任。専門は地球科学、博物館学、CAD、GIS。

▽著者サイト
http://kasekishonen.digick.jp/

第一部:ゲストトーク
第二部:交流の時間

参加費:
トーク代 1,500円 (ワンドリンク付き)
+ドリンクキャッシュオン!
クラフトビアと共にお待ちしております。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です