【レポート追記】10/10五十嵐市長と考え語るつくばセンターのこれから

<追記>簡易レポート

昨夜のup Tsukubaでは『五十嵐市長と考え語るつくばセンターのこれから』を開催しました。
50名以上の方がお集まりいただきました。ほんとうにありがとうございました!
藤井 さやか先生から都市計画の系譜から見たつくばセンターエリア及びクレオについて網羅的にお話しいただいたのちに、五十嵐立青(つくば市長)よりクレオ再生案の詳細とかける想いについて熱くお話しいただき、最後に江渡 浩一郎さんから案にも成功事例として取り上げられていたオガールの仕組みやつくばならではの今後の展開についてお話しいただきました。

ぼくが感じたことは2つ。1つの事象も多角的に語られるとより深度が深まるということ。そして、こうして語り合う対話の場がまちなかでもっと開催されてほしいということ。今回はクレオ再生案だったけれども、今後もupではみんなで対話し考えるイベントを開き続けていきたいと思いました◎

photo by (Ryotaro Kawahara)

(ほりした)

「つくば中心市街地の魅力あるまちづくりのための施策を講じることを求める決議」が全会一致で可決されており、市としては、クレオは今後のつくば市及び中心市街地のまちづくりに大きな影響を与える重要な施設であると考えている。このため、クレオを市民に必要とされる魅力ある施設として再生するため、クレオのあり方やそれを実現するための市が関与する手法等について検討を進めてきたところである。
…とは『クレオ再生に関する検討状況について』冒頭で述べられている内容です。

参考 クレオ再生に関する検討状況についてつくば市公式ホームページ

2018年10月1日オープンしたばかりのつくば駅前コワーキング” up Tsukuba”。つくばセンタービルに、まちと接続し、まちに開かれた場として運営を開始したばかりですが、まさにつくばの中心市街地に、つくばの在り方に、TX沿線へのインパクトに、大きな影響を持つであろう「つくば市が考えるクレオの有効な利用」について、五十嵐立青(つくば市長)をお招きして、聞き考え話し合い、如何にして価値創造していけるかを語り合うイベントを開催させていただきます。

《日時》
10月10日(水) 19:00~21:00 
※途中入退場できます!

《参加費》
学生 500円
一般 1,000円
※未就学児無料

《タイムライン》
19:00 イベントの概要説明 
19:10 五十嵐 立青市長「再生案に込めた想い」
19:30 藤井 さやか先生「都市計画の系譜からみたクレオ再生案」
19:45 江渡 浩一郎さん「クレオ再生案のもつ可能性や期待」
20:00 感想をグループでシェア
20:10 質疑応答
21:00 終了

 

《参加申し込み》
こちらのイベントページより「参加」ボタンを押してください。

イベントページ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です