いばらき夜会 ~挑戦者へ~ vol.1「キャリアの話。お金の話。」

【いばらき夜会、始まります。】
かつて、つくばで開催されていた「つくば朝会」が「いばらき夜会」になって帰ってきました。
つくばや水戸のコワーキングがかなり賑わってきてたり、宇宙ベンチャーがあったり、水中ドローンベンチャーがあったり、知事がマイクロソフト出身だったりと、最近何かと盛り上がってきている「いばらき」をもっと盛り上げていきます。

ーーー
やかい【夜会】
夜間に行われる会合。とくに明治以後西洋風の社交を目的として夕食後に開かれた会合をいう。《明治事物起源》によると、1879年にアメリカ大統領グラントが来日したおり、来賓をもてなすために工部大学校で数千人を集めて開かれたのが日本で初めての夜会とされている。
(世界大百科辞典より)
ーーー

夜会のホストは、常間地 悟 (Tsunemachi Satoru) と 堀下 恭平 (Kyohei Horishita)の二人。
不定期開催で、新しい一歩を踏み出したい人のために、ホストが連れてきたい人とトークします。

記念すべき初回の1st Sessionは、
今年9月にローンチした、求人情報を紹介しないキャリア相談サービス「そうだんドットミー」の 金井 芽衣 (Mei Kanai) さん、
元商社出身でシンガーソングライターとして歌と共に生きながら、EQ(感情知能)関連ビジネスを展開する 廻田彩夏(Ayaka Mawarida)さんに常間地を加え、
パラレルキャリア、マルチキャリアなど新しい働き方を軸に、人生の選択、苦難とその克服を語り合います。
常間地以外のお2人は、Zoomでの遠隔登壇で、3人のビデオチャットを会場に垂れ流すスタイルでセッションします。
※こちら、つくばのネットテレビ局「つくばん」にて生配信を予定しています。 http://tsukuban.jp/

2nd Sessionは、常間地、堀下と、
相続や事業承継を専門に扱う提案型税理士事務所を運営している 木村英幸さんとで起業や創業、スタートアップ、事業、相続にまつわる「ブラックなお金の話」を繰り広げます。
今だから話せるヤバい話、ぶっちゃけ話もどんどん話します。

【開催概要】
❒日時:10月15日(月)19:30~(セッション後に懇親会あり)
❒場所:up Tsukuba(つくばセンタービル1階)
❒参加費:無料(懇親会参加の場合は1,000円)
❒申込方法:イベントページの参加ボタンを押してください!

❒大歓迎な人
・新たなキャリアステップを踏みたい人
・起業、副業に興味がある人
・パラレルキャリアに興味がある人
・成功談に飽きた人
・挑戦好きな人
・人の挑戦が好きな人
…などなど

ーーー
【ゲストプロフィール】

❒ 金井 芽衣
ポジウィル株式会社 代表取締役 そうだんドットミー運営
高校は地元の進学校に進み、全国優勝常連のチアリーディング部で副部長を務める。
自身の両親の離婚をきっかけに、家族としての在り方や子どもにとって幸せな環境とは何かということに疑問を抱くようになる。その経験から短期大学に進学。児童養護施設での実習体験から、社会の現実を知り、親世代が満たされていないと子ども達に虐待や貧困が起きるという事実を認識する。その後、大学に編入。大学ではキャリアカウンセリング をメインに学ぶ。
社会の現状を知り、人生の分岐点にもなり得る転職についてより深く学びたいという想いから株式会社リクルートキャリアに入社。
在籍中は新規開拓〜大手企業の深耕営業に従事。新規開拓王の取得や月間、Q、半期でのMVP取得、新人育成や風土醸成委員も歴任。
その成果が認められ、退職後もリクルートキャリアから新人営業マンの研修講師や営業マン育成の仕事を受託。その後、オンラインでフラットに相談が出来る環境を作りたいという思いの下、「そうだんドットミー」というプラットフォームをリリース。

【逆境経験】
・中学時代同じ異性に30回告白→卒業間近で叶う
・高校時代勉強をほぼせず240人中239位で卒業。他の生徒が国公立大学などに進学する中自分だけ短期大学へ進学。勉強の結果大学に編入
・営業時代、未達成が1年続き、1週間に数件のトラブルを起こし、上司と顧客に怒られる夢を毎日見て夜中に目が覚める生活をする。その後、自分の至らない点と向き合うようになりMVPや新規開拓賞などを取得。
・両親の離婚や再婚で自分の存在価値がわからなくなるが、親との自立した関係性を構築することによりその経験に感謝できるようになる
ーー

❒ 廻田 彩夏 / Ayaka Mawarida
シンガーソングライター、EQ COLORES 代表

世界を駆けまわるシンガーソングライター→立教・国際経営→丸紅電力部門→出産→離婚→COLORES開業→丸2年とことんパラレルキャリア→EQサービスを開始・音楽活動再開

「ひとりひとりが自分らしく、自分の色で生きていけるように」
人生のモットーにこれを掲げたのは中学生の頃。高校から大学卒業まで7年間には、世界中のストリートや教会、 施設や被災地などを歌い回り、シンガーソングライターとして活動。活動の収益は国内外のNPOへ寄付をし、笑顔の連鎖を広げていくことに専念。インプットしてきた分だけ、もっと大きな世界で自分を表現していきたいと、卒業と同時に引退、総合商社に入社。南米・北米を中心とする電力案件の投資、事業管理を担当し、時差を超え昼夜を問わず従事したが、自分の能力や存在への自信・自分の人生を生きている感覚をすっかり失ってしまい、新たなご縁を得たタイミングで退職。結婚もし、妊娠中はソーシャルセクターを中心に活動を行った。
第二子出産直後に離婚、2児のシングルマザーとして再スタートを切る際に、見せたい背中・子供と離れすぎない働き方を実現するために、フリーランスの道を選んだ。知人の事業の設立サポートや各種プロジェクトマネジメント業務を中心に請け負い、業界はNPOから中間セクター、ベンチャーからソーシャルビジネスまで、多岐に渡った。

2016年10月に病に倒れ1カ月の長期入院を経験したのをきっかけに、「自分の色で生きていく」「自分の人生を自分で生きる」を体現しなければと、“セルフサイエンス”について関心を持ち調査。その中でEQと出会い、国際ライセンス米国6seconds認定EQアセッサー、EQプラクティショナーを取得。音楽活動も2017年春に再開し、その色をより鮮やかに、生き生きと」をモットーに、EQと音楽の両方で、自分らしい色で自らも生き、人々をサポートしている。

ーー

❒ 木村英幸
税理士、 株式会社プライズ 代表取締役
茨城県筑西市出身。
大学卒業後、茨城県内の税理士法人に入社するも、2年で退職。その後、2年間無職で税理士試験に専念し、東京と千葉に拠点をもつ税理士事務所に入所。インバウンドの国際税務業務に従事するが、海外とのやりとりが中心であったため、人と繋がりたいと都内の事業承継に強い税理士法人に転職する。
全国の事業承継案件に関与する中で、地方で正しい提案できる税理士が少ないことに危機感を感じ、独立開業。現在は地方都市を中心に次世代に経営者の想いを繋げるべく全国の事業承継対策に従事している。

東京から地方まで経営者の悩みを見ている税理士だからこそ話せる、皆さんが疑問に思っている税理士業界に関することをお話いたします(私見です笑)。

ーー
【ホストプロフィール】
常間地 悟 (Tsunemachi Satoru)
マルチアントレプレナー/インキュベーター
フラー株式会社(Fuller, Inc.) 執行役員、 株式会社 ワープスペース Warpspace Inc. 社外取締役、 一般社団法人筑波フューチャーファンディング – TFF 理事、法学修士 (LL.M.)
在学中(20歳)に一社目創業。
これまでに4社の立ち上げに携わる。(うち1社ベトナム)。
ITスタートアップ等の役員として経営戦略、ブランディング、法務、財務等を主に担当。
現在、マルチキャリア、マルチアントレプレナーとして活動。
スマホ市場分析サービスのフラーでは執行役員、超小型人工衛星ベンチャーでは社外取締役。筑波大出身の経営者で組織するインキュベーション団体では理事を務める。
「いちばん身近な人を幸せにできなければ、世の中を幸せにすることはできない」がモットー。1年に3回は妻と長期で東南アジアローカル旅行をすることを貫く。
ユメは自らの死後も世の中に貢献し続けるサービス、プロダクト、企業をより多く創ること。

ーー
堀下 恭平 (Kyohei Horishita)
Tsukuba Place Lab代表 / 株式会社しびっくぱわー 代表取締役 / 合同会社for here 共同代表 / 一般社団法人筑波フューチャーファンディング – TFF 理事 / グリーンバードつくば リーダー
筑波大学2年次にコミュニティ拠点として学生カフェ創設にかかわったことからまちづくり分野に興味を持ち、下妻市や水戸市、横浜市などの商店街活性化にかかわった後、2年間京都で武者修行のため移住。関西を中心に行政計画策定に係るコンサルの仕事を始め、のちに起業。つくばに戻り大学生をしながら、2016年12月1日コワーキングプレイス Tsukuba Place Labを創業。オープンから1年10か月が経ち、企画運営したイベントは600本以上、来場者は12,000人を突破。「迷ったら全部やる」がモットーで「成功するまで続ければ失敗しない」が信念。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です